Sayaの12星座 星占い「星ごよみ」

2019年あなたの人間関係はこんなに変わる!/Sayaの「読む星占い」スペシャル

Saya、星占い、おとめ座
2019年の運勢
いちいち反応せず、「神対応」を

夏の間は、2019年からの7年間を予感させるような、新しい流れがやってきていたはずです。新しい仕事、新しいネットワークにワクワクしていたかもしれませんが、2018年の年末から2019年の春にかけては古い問題が戻ってきます。繊細なところがあるあなたのこと、小さなことであっても、品のなさ、レベルの低さに嫌悪感を抱いてしまうかも。でも、そこで、これまでと同じ神経質な反応をしたり、パニックに陥ったりしては何も変わらないもの。一歩進んだ「神対応」を見せることで、周囲からのあなたの評価も随分と変わっていきそう。

2019年の4月から9月にかけては、あなたの専門性を磨くために何か学ぶべきことがありそうな予感。すると、そのご褒美かのように、8月30日にはおとめ座での新月もあり、秋からはあなた自身の立ち位置が変わるとともに、あなたの存在感が増していきそうです。

手放すべきもの
過敏さ、過干渉

感受性が強すぎるおとめ座は、そんな自分を普段は必死で抑えています。感覚と理性の狭間でいつも揺れているような人たちなのです。その過敏さが他者に向かうとお節介になってしまい、自分の境界線の外のことまで面倒を見てしまいがち。2019年、守護星の思考や伝達の星、水星の「逆行」は、3月、7月、11月。そのたびに人間関係では問題が出やすくなるので、「好き嫌い」で相手を判断しないようにして。

人間関係、ここに注目!
孤独がやわらぎ、大勢の応援団が出現

おとめ座の「居場所」の分野を拡大と保護の星である木星が癒してくれる2019年。その流れは、2018年の11月から始まっていますが、味方がいないようで孤独を感じていたのが変化し、大勢のあなたのサポーターがいることがわかるはず。それは家族の間でも同様で、あなた自身も相手に厳しい批判の目を向けることがなくなり、お互いに自然な流れでサポートし合えるように。安心感のある一年になりそう。

Web Special
2019年 おとめ座の男性は?

本気の恋愛にはとても優しく、誠実なおとめ座の男性。真面目な働き者で、家族想いの彼は、まさに結婚向きの男性と言っていいでしょう。ただ、それは、彼がその気になれば。なかなか本気にならない上に慎重なので、結婚への重い腰が上がらない場合があるのです。また女性の側はつきあっているつもりでも、彼はつきあっていないと思っていたなんてこともありそう。もともと完璧主義なので、恋人への期待値もとても高く、それに達していないと切り捨てられてしまうこともあるからです。でも、2019年の春からの彼は、人生を新しいステージに進めようとやる気満々。そのパワーについていけるかどうかが関係の鍵に


☆Sayaの「読む星占い」へのご感想やご要望は、専用アドレス「hoshi@lee.hpplus.jp」へお寄せください。


この特集の次の記事を見る

Sayaの「読む星占い」 最新記事

Sayaの「読む星占い」をもっと見る

Writer Profile

Saya

アストロロジー・ライター

Saya

1971年生まれ。おとめ座。
現在は、京都で夫とふたり暮らし。雑誌連載のほか、オンライン講座や、ホロスコープ・リーディングのセッションを行う。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン