Sayaの12星座 星占い「星ごよみ」

2019年あなたの人間関係はこんなに変わる!/Sayaの「読む星占い」スペシャル

Saya、星占い、おひつじ座
2019年の運勢
一人になるのを怖がらず、本来の自分に

おひつじ座にとっての2018年は、「取り組んでいること」からの「卒業」の予兆を感じさせる年だったと思います。2019年は、3月6日に天王星がおひつじ座を去るので、冬の間は、以前のトラブルに巻き込まれることもありそうですが、春からは、本来の姿を取り戻すのにベストなタイミング。実際には10月14日のおひつじ座の満月頃まで決心がつかない可能性もあるものの、もし他者からのパワハラなどに耐えているなら、一人になる権利はあることを思い出して。

というのも、拡大の星である木星は、古いトラブルから抜け出し、「ここではないどこか」へと飛び立つように促しています。新天地をめざすのは、逃げ出すことではありません。離婚、退職など一見マイナスなことも、これまで最大限戦い、やりきったあなたに人生を変えさせるために起こっているのです。より心地いいほうを選択して。

手放すべきもの
プライド、闘争心

誇り高く、負けず嫌いなおひつじ座にとって、上位者に支配されるように感じ、反発しがちな7年間だったのでは。初めは強い信念があったとしても、いつの間にか反発のための反発となり、無益な戦いだけが残っていた面はありませんか。現実に、裁判や相続争いを抱えている人も、勝利よりも和解を選び、プライドや闘争心を手放して新しい自分になることが2019年のハッピーの秘訣です。

人間関係、ここに注目!
話し合いとコンセンサスがすべてのカギ

おひつじ座は、優れた直感力をもち、合理的なので、つい一人で考えたり、行動したりしてしまうくせがあります。そのため、仕事でも、普段の生活でも、あなたのパートナーとなる人は、置いてけぼりで寂しい思いをしているかもしれません。相手がいつも機嫌よくいてくれるからといって、あなたのペースでだけ事を運ばないようにして。どんなことでも話し合い、コンセンサスをとるようにしたいですね。

Web Special
2019年 おひつじ座の男性は?

おひつじ座の男性は、若いうちは自由なクリエイタータイプ。組織に属すことを嫌い、一匹狼として個性を追求したいと望みます。たとえば、デザイナーやショップオーナーをめざすかもしれません。子どものような無邪気さが魅力で、押しが強く、遊びも大好きです。ただ結婚すると、家庭向きとは言いがたく、仕事や遊びなど自分のことに夢中で、家庭は奥さんにまかせきりということも。でも、2019年は、3月に天王星がおひつじ座を去ることから、少し周囲を振り返る余裕が出てくる様子。組織に反発するなど天邪鬼なところは落ち着きそうです。ただ経済的には少し大変に。これまでとは違う収入の道を模索するかも。


☆Sayaの「読む星占い」へのご感想やご要望は、専用アドレス「hoshi@lee.hpplus.jp」へお寄せください。


この特集の次の記事を見る

Sayaの「読む星占い」 最新記事

Sayaの「読む星占い」をもっと見る

Writer Profile

Saya

アストロロジー・ライター

Saya

1971年生まれ。おとめ座。
現在は、京都で夫とふたり暮らし。雑誌連載のほか、オンライン講座や、ホロスコープ・リーディングのセッションを行う。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン