Sayaの12星座 星占い「星ごよみ」

2019年あなたの人間関係はこんなに変わる!/Sayaの「読む星占い」スペシャル

Saya、星占い、うお座

2019年の運勢
キャリアに追い風。自分を律しつつ前進を

2018年も、6月から11月まで、守護星の海王星が頭上で「逆行」していました。進むようで進まない停滞感があり、その間、なんとなく不安になったり、誰かに依存したくなったりしていたかもしれません。でも、2018年の年末から2019年は、拡大と保護の星である木星があなたの「キャリアやライフワーク」を応援してくれます。これまでと違い、さまざまなチャンスがあなたの元へとやってくるでしょう。特に春からは、これまで閉ざされていた道が大きく開かれていきます。

ただ2019年の4月から10月まで、あなたに向けられる眼の中には厳しいものもあるようです。特に年長者や常識人は、あなたに対して懐疑的。過去の行いを持ち出されることも。チャンスが多く、運の流れがよいときほど自分を律していくことが必要そうです。全体には逆風がありつつも、やりたいことにチャレンジできる一年と言えそう。

手放すべきもの
自立心、自信のなさ

「自立心」と「自信のなさ」は相反するようでいて、つながっています。というのは、本当に自信があれば、「相手のおかげで今がある」ことを認め、感謝できるからです。もともと共感力が高く、優しいあなたのこと。「自分は一人でもできるのだ」と肩肘を張らず、周囲と調和するようにすると、2019年のチャンスをさらなる発展につなげていけるでしょう。あなたの感性を認め、生かしてくれる人に心からの感謝を。

人間関係、ここに注目!
境界線の感覚を大切に

「みんなが幸せな気分でいることが自分の幸せ」ということをわかっているのがうお座です。つらい思いをしている人がいると援助の手を差し伸べるエンジェルのような人たちです。ただその分、「自分が幸せなら相手も幸せだ」とか、逆に「自分がつらいのだから相手が慰めるべきだ」とか「自分のやりたいことを周囲が応援するべきだ」とか相手との境界が曖昧になってしまうことも。境界線の感覚は大切にして。

Web Special
2019年 うお座の男性は?

とても優しく思いやりがあり、フェミニンな魅力をもっているのですが、自他の境界が曖昧で、周囲の感情や考えに流されやすいのがうお座の男性。感受性が豊かでモテることもあり、「好き」と言われると断れないままズルズルとつきあってしまうなんてことも。結婚してもその傾向はあり、浮気で終わらず本気になってしまうこともありそう。また、境界が曖昧になるのは、たとえば、お酒やお金に関しても言えること。うお座の男性をパートナーとして選択する場合、彼のルーズさをどこまで許せるのか、度量が問われることになるかも。また2019年のうお座の男性は、社会的には目立つ運勢。彼に振りまわされる可能性は大。


☆Sayaの「読む星占い」へのご感想やご要望は、専用アドレス「hoshi@lee.hpplus.jp」へお寄せください。


この特集の次の記事を見る

Sayaの「読む星占い」 最新記事

Sayaの「読む星占い」をもっと見る

Writer Profile

Saya

アストロロジー・ライター

Saya

1971年生まれ。おとめ座。
現在は、京都で夫とふたり暮らし。雑誌連載のほか、オンライン講座や、ホロスコープ・リーディングのセッションを行う。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン