Sayaの12星座 星占い「星ごよみ」

2019年あなたの人間関係はこんなに変わる!/Sayaの「読む星占い」スペシャル

Saya、星占い、みずがめ座
2019年の運勢
流れのままに違う場所に運ばれる

守護星の天王星の星座の移動があった2018年。新しい居場所に引っ越したり、転職したりと、ドラスティックな変化があったはず。2018年の年末から2019年の春までは、古い問題が戻ってきて、圧力と戦わなくてはいけないことも。でも、今のあなたは以前と違って、達観したところがあり、その戦いから一歩身を引くゆとりがありそう。

2019年の春からは、職場や家庭などの「居場所」において、大きな変化がさらに現れてきそうです。収入面ではこの頃、混乱もありそうですが、結局は、落ち着くべきところに落ち着いていくでしょう。また、海外とのネットワークが広がるのも2019年。海外の友人があなたの家にホームステイするなんてことも。あなた自身は、あまり変わっていないのですが、あなたをとりまく環境がめまぐるしく変化する、そんなメリーゴーランドに乗ったような一年になりそうです。

手放すべきもの
正義感、戦う姿勢

クールなようで、実は正義感の強いみずがめ座女性。この7年は、自分のホームグラウンドではなく、アウェイで戦っているところがあったのでは。でも、2019年の春からは、あなたのポジションがもっと明確になってきます。誰にも邪魔されないテリトリーを確立しそうなのです。そのためにはアウェイゆえのファイティングポーズは手放して。最初からけんか腰では築ける関係も築けなくなってしまうでしょう。

人間関係、ここに注目!
家事分担で争わない

みずがめ座女性にとって大切なのは「平等」であること。実際、誰とでもフェアに付き合おうとしますが、立場の違い、オフィシャル感覚のなさにつながるとトラブルに。また、この「平等」がパートナーに向くと、「家事を平等に負担しない」ことがおおいに不満になり、けんかの原因に。男女の役割分担は嫌っても、現状の社会の男女差などは受け入れ、相手のことを思いやる姿勢が家庭の平和には欠かせません。

Web Special
2019年 みずがめ座の男性は?

コンサバな環境で育てられているのですが、そんな自分を変えたいと願い、男女とか、年齢とか、生まれとかが関係のない理想社会に憧れがあります。そのため、結婚すると家事分担も子育ても、しっかりしてくれるイクメンに。ただ、その分、女性の側も働き、経済的な負担を等分にしないと許されないところが。また理想主義なので、価値観が合わないとなれば離婚も辞さないはず。甘えが許されない相手だと思います。2019年の彼は、「居場所」を変わることを真剣に考えそう。今いる場所が自分の理想に合わないと思うと、海外移住を提案してくるなんてことも。「常識」では動かない相手なので、理詰めで防衛する必要がありそう。


☆Sayaの「読む星占い」へのご感想やご要望は、専用アドレス「hoshi@lee.hpplus.jp」へお寄せください。


この特集の次の記事を見る

Sayaの「読む星占い」 最新記事

Sayaの「読む星占い」をもっと見る

Writer Profile

Saya

アストロロジー・ライター

Saya

1971年生まれ。おとめ座。
現在は、京都で夫とふたり暮らし。雑誌連載のほか、オンライン講座や、ホロスコープ・リーディングのセッションを行う。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン