産後の色悩み

ツートップは「乳首の色」&「しみ」問題/産後の色悩み【前編】

産後の色悩み1イラスト

妊娠中~産後は、体のさまざまな部位の色が濃くなりがちな時期。授乳期までは母性の高まりのせいか、自分のことなんてどうでもいいわモードに突入で、さほど気にならなかったりするものですが、ふと「いつの間にこんなふうに……」、「もしや一生このまま!?」などと密かに不安にかられる人も多いのではないでしょうか?
出産経験のある女性たちに話を聞いたところ、産後の色悩みの中でも、ツートップは「バストトップ(乳首)の色が濃いめになった」、「しみ(肝斑)らしきものができた」でした。まずは皆さんのコメントを紹介します。

■妊娠中&産後に「バストトップ(乳首)のトーンが濃いめになった」と感じた人の声(お悩み第一位)

・「卒乳後は元に戻ると思っていたが、濃い色のまま」
・「もともとは薄かったが、産後10日ほどで濃さがピークに。3ヶ月で卒乳したら薄くなった」
・「自分史上最高の濃さとなったが、赤ちゃんに吸われるうちに色が抜けていった」
・「産後も一切色が変わらなかったというママ友もいて、個人差が大きいのかな?と思った」

■妊娠中&産後に「しみ(肝斑)のようなものが顔にできた」と感じた人の声(お悩み第二位)

・「産後半年ほどでこめかみ周辺にうっすらとしたしみが。あるだけで5歳は老けた気がする」
・「紫外線対策をきちんとしていたのに、子供と散歩するようになったらできた」
・「デパートの美容部員さんに『そばかすですよ』と言われたが、美容皮膚科では『肝斑です』と断言された」
・「35歳で出産後、そばかすのようなしみが濃くなった。単なる加齢なのか、産後特有のものなのかは不明」

今回は、この産後の2大色悩みについて、専門家の先生に直撃してきました。お話を伺ったのは、「こすぎレディースクリニック」の院長、椎名邦彦先生です。

■妊娠後、なぜ色が濃くなるの?

高見澤 バストトップやしみに限らず、妊娠をきっかけに体の部位が黒ずんだという声をよくききます。何が原因でしょうか?


椎名 妊娠中の黒ずみは、妊娠ホルモンの増加が原因です。妊娠をすると、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)、副腎皮質ホルモンの分泌が急激に増加していきます。これらのホルモンはメラニン色素細胞を刺激するため、肌のメラニン色素数が増えて、色が濃くなるのです。

高見澤 「女性ホルモンが増える」というと、なんとなく美容によいことばかり起こりそうなイメージですが、色が濃くなるという影響もあるのですね。濃くなるかどうかは、かなり個人差があるような気もするのですが。

椎名 そうですね。妊娠前から肌の色や乳首の色素の度合いは個人差があるように、妊娠してからの黒ずみの度合いは、妊婦さんそれぞれ違いがあります。

暮らしのヒント/ヘルス&ビューティ 最新の記事

ヘルス&ビューティをもっと見る

Writer Profile

高見澤恵美

ライター

Emi Takamizawa

1978年、埼玉県生まれ。女性誌を中心に女性の性質や人間関係の悩みに迫り、有名無名千人超を取材。関心あるキーワードは「育児」「健康」「DIY」「観劇」など。家族は夫と4歳の息子。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン