映画ライター折田千鶴子のカルチャーナビアネックス

情熱が迸る! 今、話題沸騰中の井浦新さんが 伝説の監督を熱演した『止められるか、俺たちを』が熱い!

 

新さんに新境地を開かせた鬼才・若松孝二

巷では、ドラマ「アンチュラル」で演じた“やさぐれた色気”と、「日曜美術館」MCでの穏やかでインテリな魅力に“ギャップ萌え”した人が続出しましたが、最近バラエティなどで覗かせた一面が“お茶目で変わっている!!”と、ネットで話題沸騰中の井浦新さん。確かに新さんと言えば私の中でも、ナイーブでどこかアーティスティックな美青年、というイメージが強かった! そんな新さんを“骨のある男気系俳優”に押し上げたのが、12年に亡くなられた故・若松孝二監督ではないでしょうか。

1974年東京都生まれ。『ワンダフルライフ』(98)で映画初主演。『ピンポン』(02)、『青い車』(04)などで存在感を発揮。その他の代表作に、『空気人形』(09)、『かぞくのくに』(12)、『光』(17)、『ニワトリ★スター』(18)、『菊とギロチン』(18)など。そのほか、「ELNEST CREATIVE ACTIVITY」のディレクターなど多様な活動を展開。公開待機作に、『赤い雪 RED SNOW』『こはく』『嵐電』など。  撮影:齊藤晴香

きちんとフィルモグラフィを眺めると、それ以前からその都度イメージを打ち破るような色んな役に挑戦されていた新さんですが、それでもやはり若松監督の『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)』(08)の存在が大きいように感じます。以来、新さんは『キャタピラー』(10)、『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』(12)、『海燕ホテル・ブルー』(12)と若松作品に立て続けに出演されました。

名の通った“ARATA”名義から、現在の本名に変えたのも、三島由紀夫を演じた『11・25~』がきっかけです。

それほどまでに、新さんの俳優人生に大きな影響を及ぼした鬼才監督を、自身で演じるというのは、かなり大きなプレッシャーであったことは想像に難くありません。そんな質問から、新さんにぶつけてみました!

 

オファーを受け一ヶ月、焦らしました(笑)

――資料によると、白石和彌監督が「新さんが引き受けると腹を括ってくれて、一気に話が進みだした」と述べられていますが、実際問題“腹を括る”までに、どれくらいの逡巡や覚悟を要しましたか?

『止められるか、俺たちを』 【2018/日本/DCP/シネスコ/119分】
2018年10月13日(土)よりテアトル新宿ほか全国順次公開
出演:門脇麦 井浦新 山本浩司 岡部尚 大西信満 タモト清嵐 満島真之介 渋川清彦 音尾琢真/ 高岡蒼佑 / 高良健吾 / 寺島しのぶ / 奥田瑛二
監督 白石 和彌 / 脚本 井上淳一 / 音楽 曽我部恵一
配給 スコーレ 宣伝 太秦  (C)2018若松プロダクション
■公式サイト:www.tomeore.com

「無茶ぶりしてくるな、と思いました(笑)。白石監督もプロデューサーたちも。もちろん若松プロが再始動して映画を撮るのは、すごく喜ばしいことだし、どんなことでもお力になりたいと思っていました。でも、若松孝二監督を演じろ、だなんて! また白石監督が、“僕が引き受けなければ、この映画はなかったことになる”みたいな暴言を放り込んで来て(笑)」

「正直なところ、お話をいただいた瞬間、既に腹は決まっていたというか、心の中でやると決まってはいたんです。ただ、そんな二つ返事で引き受けられるほど、そんな簡単なものではないと伝えたくて。無茶ぶりに対し“この苦しみを味わえ!”と、お話をいただいた16年の年末から、年を越して暫く約1ヶ月、無反応で過ごしました。焦らせようと思って」

――でも、瞬間的に腹は決まっていたのですね。

「もちろんです。嬉しい~、頑張るぞ~なんて気持ちが沸く役ではありませんが、自分しかいないだろうと理解していたし、もし他の方が若松監督を演じられていたら、一生後悔することも分かっていたので。腹をくくる以前に、やるしかないと思っていました。だから事務所を通して正式に回答なんてことはなく、監督と若松プロの面々と顔を合わせ、“やらせていただきますけれど、でも、バカ野郎~!!”と言いました(笑)」

 

暮らしのヒント/ひとり時間 最新の記事

ひとり時間をもっと見る

Writer Profile

折田千鶴子

映画ライター/映画評論家

Chizuko Orita

1968年、栃木県生まれ。LEE本誌で映画&DVD紹介頁やインタビューを担当。その他、新聞・週刊誌・雑誌などで映画コラムや批評、取材記事を執筆。夫と8歳の双子男子と愛犬の、4人1匹暮らし。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン