エンジョイ!ハロウィン

パンプキンティラミス

できあがり2 (2)

今回は前回のパンプキンムースをアレンジしたパンプキンティラミスです。

パンプキンムースはクリームのようにやわらかく、口どけのいいムースなので、生地はそのままでティラミスに展開できます。
たっぷりとココアを振るだけでもおいしいティラミスになるけれど、もう少し手を加えてビスケットもプラス。
大人向けには牛乳の代わりにラム酒を効かせたコーヒー液を染み込ませてもおいしいですよ。

レースペーパーをのせたり、半分だけペーパーで覆ってからココアをふってそっと外すと、簡単にデコレーションが楽しめます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

海外で見つけたハロウィンプレート。年に一度のお披露目です。・・・が、持ち帰ってみると思っていたより大きくて、なかなか出番がきません(泣)

もう少しのところでオーブンに入らなかった横幅のながーーいマドレーヌ型やボウルからはみ出すサラダサーバーなどなど。
海外仕様のサイズ問題、懲りずに失敗しては残念なことになってます・・・(笑)

 

 

サブカット2

 

 

パンプキンティラミス

【材料】 21㎝ 1台分

・ かぼちゃ  300g (正味)
・ きび砂糖  70g
・ 卵黄  1個分
・ 牛乳  200ml
・ シナモン  小さじ1/2
・ 粉ゼラチン  3g
・ 水  大さじ1
・ 生クリーム  150ml

・ プレーンビスケット (もしくはフィンガービスケット)  20枚ほど
・ 牛乳 (もしくは*コーヒー液)  適量
・ ココア  適量

*コーヒー液(作りやすい分量)
インスタントコーヒー  小さじ2
湯  大さじ3
ラム酒  小さじ2

 

【作り方】

① パンプキンムースの生地をつくる。 (パンプキンムース参照)
② 器にビスケットをしき、牛乳を刷毛でぬる。上にもう一度ビスケットを並べ2重にする。同様に牛乳を塗る。(写真a)(フィンガービスケットのときは重ねずに1段でOK)
③ ②に①を流し入れ冷やし固める。
④ ③にココアをたっぷりとふる。

(a)OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

製作・撮影/八田 真樹
お菓子研究家。短大卒業後、会社勤めを経て幼い頃から好きだったお菓子の道へ転身。フランスに留学、ル・コルドン・ブルー パリ校卒業。ルノートル、ベルーエ・コンセイユなどでも学ぶ。著書に『フラン』『ケーク・サレ』(共に文化出版局)、『野菜・豆・果物のヘルシーお菓子』(扶桑社)、『板チョコスイーツ』(主婦と生活社)などが。

この特集の次の記事を見る

エンジョイ!ハロウィン

この特集の記事一覧を見る

もっと見る

この記事へのコメント (0)

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

八田真樹さんの絶品スイーツ 最新記事

八田真樹さんの絶品スイーツをもっと見る

Writer Profile

八田真樹

お菓子研究家

Maki Hatta

旬の食材を取り入れた、手軽でおいしいスイーツのオリジナルレシピをお届けします。季節感あふれるスタイリングも、ぜひお手本に。

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン