伊藤まさこさんの「やっぱり肉が好き!」

【神戸&芦屋】肉の名店6選!伊藤まさこさん&在田佳代子さん「行きつけ」を巡る旅

KOBE編 肉の日生まれの先輩と神戸の肉を食べ尽くす旅!

「食いしん坊仲間の在田さんには、いつもおいしいものを教えてもらってます」とまさこさん。訪れたのは、在田さんが足繁く通う店ばかり。神戸&芦屋の感動の肉メニューをご紹介!

離れて暮らす「肉友」の
「行きつけ」を巡る旅

今、神戸の肉事情が熱いんです!

「伊藤さんには、食べさせたいお肉料理のお店が地元にたくさんあって!」。

そう話していたのは、オリジナルの布や雑貨販売で人気の「CHECK&STRIPE」の代表・在田佳代子さん。同じ2月9日、「肉の日」生まれという運命的(?)なお二人。東京と神戸、住む場所は違えど「大の肉好き」という共通点から、普段からおいしいお肉のギフトを見つけたら送り合ったり、レストランの情報交換をしたりするお仲間。

今回満を持し、在田さんの生活圏にある、おすすめ店を巡ってみました!

極上の家時間を約束してくれる
「肉好き」夢のデリカテッセン「メツゲライ クスダ」

「メツゲライ」とは、ドイツ語で「食肉加工品の専門店」という意味。ヨーロッパ各地で修行を重ねた店主・楠田裕彦さんが素材を吟味し、熟練の技で仕上げたハムやソーセージは、全国にもファンが多いそう。

肉製品や日替わりのお総菜がずらりと並ぶショーケースは圧巻で、「ギフトセットを在田さんに送っていただいたことがあって。お店でいただくのは今日が初めて!」と、まさこさんも大興奮。輸入品のチーズやオリーブオイルなど、グロッサリーも充実。

芦屋でボリュームハンバーガーをほおばって

1日10個限定販売の「ハンバーガー」。オリジナルのスパイスが配合された豚肉パテと広島から届く無農薬野菜がたっぷりはさまれた、贅沢な一品。

店内のイートインスペースでは、人気のテリーヌやハム類はもちろん、本格的なホットドッグやキッシュプレートなども堪能できます。

炭火でじっくりと焼いたハーブとスパイス入り生ソーセージの香ばしいこと! 1本100g程度のボリューム感で食べごたえ抜群。

メツゲライ クスダ


DATA
兵庫県芦屋市宮塚町12の19
☎︎0797・35・8001
営/10:00~18:00(イートインは11:00~17:00、15:30LO)
休/水曜・第3火曜
https://metzgerei-kusuda.com/
※イートインスペースはコロナ対策により休業の可能性あり。

牛肉はすべて上質な神戸牛
昭和の香りが漂う名店「欧風料理もん」

在田さんが、県外から来た友人をよく連れていくというお店の筆頭がこちら。昭和11年の創業以来のメニューを守り、4代にわたるお客さまも多い老舗洋食店。

「名物とんかつ」や「ポークカツレツ」「ヘレ・ステーキ」など、どこか懐かしい、そして肉好きにはたまらないメニューがラインナップされています。

まさこさんも神戸を訪れた際には、パッケージのイラストも愛らしい「ビーフカツサンド」をお土産にするのが定番なのだとか。

ローカルな老舗店でカツレツを食べに!

震災で全壊した建物を、元の什器を最大限活用し、以前どおりに再現した店内。

4週間かけ煮込むデミグラスソースをかけた「ビーフカツレツ」は、やわらかな肉質が自慢の神戸牛を短時間で揚げ、赤みを帯びたミディアムレアでサーブ。

欧風料理もん

おみやげにビーフカツサンドも!

DATA
兵庫県神戸市中央区北長狭通2の12の12
☎︎078・331・0372
営/11:00~21:00
休/第3月曜

神戸牛のかたまりがゴロゴロ
伝説のビーフカレー「ザ・バー ジェイダブリューハート」

1870年に日本初のホテルとしてオープンし、港町・神戸のシンボルとして長年愛されてきたオリエンタルホテル。震災での打撃を経ながらも2010年に復活し、それとともに「幻のカレー」といわれた「ビーフカレー」も再現されました。

淡路産の玉ねぎをカラメル状になるまでじっくり炒め、ステーキにも使われるような上質なヒレ肉をふんだんに使った、贅沢カレーは、ひと口目はふわりと甘く、その後に香辛料や肉の風味が広がります。

革張りのスツールが並ぶカウンター席、ゆったりくつろげるソファ席、海風も抜けるテラス席など、居心地のいい店内空間は、「私にとってパワースポットのような感じ」と在田さんも太鼓判。「次回神戸に訪れたら、ぜひこちらのホテルに泊まりたい!」と、まさこさん。

ORIENTAL HOTEL(神戸旧居留地)
ザ・バー ジェイダブリューハート

DATA
兵庫県神戸市中央区京町25オリエンタルホテル17F
☎︎078・326・1577(レストラン総合受付)
営/カフェ10:30~17:30 バー17:30~21:00(20:00LO)~22:00(金・土曜、祝前日、21:00LO※9月16日現在、コロナ対策のため営業時間を変更)
休/なし

肉の魅力を味わい尽くす
焼き肉コースに感動!「焼肉食堂ジェット」

「今回絶対に、伊藤さんを連れていかなきゃと思った店なんです!」と在田さんが信頼する焼き肉店。調理場をぐるりと囲むカウンター式の店内で、メニューは5000円のコースのみ。

肉の刺身盛り合わせ、さまざまな部位の炭火焼き、季節の野菜、〆の麺やごはんものというセットで、最上級の肉を多彩な味つけ・調理法で提供。

店主の野間敏敬さん自ら「焼き」を担当してくれるので、最適な火加減・焼き加減で堪能できるのがうれしい。

「肉のうま味とは、脂のうま味。部位ごとに違う脂を、どう焼いてあげるかが大事。それをやるのが焼き肉屋の仕事」と、野間さん。カルビもしっかり焦げ目をつけて。「モクモクと上がる煙と、焼き上がるお肉。ずっと見ていて飽きないです(笑)」とまさこさん。

焼肉食堂ジェット

DATA
兵庫県芦屋市西山町2の4
☎︎0797・38・2939
営/18:00~22:30
休/月曜(祝日の場合は翌日休)

牛肉のうま味と相性のいい
ライ麦パンのサンドイッチ「フロインドリーブ生田本店」

1924年に日本初の本格的なドイツパンのお店として開店した「フロインドリーブ」。カフェで一番人気の「ローストビーフサンドウィッチ」は、現社長のお母さまが家庭で作っていたレシピを再現したもの。

自家製ローストビーフにサニーレタス、デミグラスソースとマスタードマヨネーズで仕上げており、つけ合わせにマカロニサラダをたっぷりと。

「パンとビーフがそれぞれおいしさを引き立て合い、すごく満足度が高い!」とまさこさん。

著名な建築家、W.M.ヴォーリズが設計し、登録有形文化財でもある旧神戸ユニオン教会。その礼拝堂の部分を改装したカフェは、高い天井やアーチ型の大きな窓が印象的。ショップも併設されており、煉瓦窯で焼き上げたパンも人気です。

フロインドリーブ生田本店

DATA
兵庫県神戸市中央区生田町4の6の15
☎︎078・231・6051
営/10:00~19:00(18:30LO)
休/水曜(祝日の場合、翌日休)
http://freundlieb.jp/

アットホームな空気も魅力
大正末期創業の老舗肉店「芦屋軒」

「在田さんから、ここのお肉を木箱で送っていただいたことがあるんです!」とまさこさん。地元民のみならず、全国にもファンが多い神戸牛・但馬牛専門店。

在田さんも学生時代から「お遣いものは、芦屋軒の佃煮を」と教わって育ち、今でもお肉を買いに頻繁に訪れているそう。

名物はその「牛肉佃煮」。「日もちがするので、食いしん坊さんへの手土産にぴったり。わさびをちょっとアクセントにして食べると、おいしいんですよ」と在田さん。

大ぶりにカットした牛肉を、砂糖と水あめ、しょうゆで煮た佃煮は、しょうが味がアクセント。食べごたえがあり、ごはんが進む!

店主も29の日生まれだった!!

芦屋軒

DATA
兵庫県芦屋市西山町1の6
☎︎0797・22・2981
営/10:00~18:00
休/月曜・火曜
http://ashiyaken.com/

一度食べたらリピート必至
お店の雰囲気も楽しめる!

今回巡ったお店の中には、まさこさんが過去に、訪れたことのあるお店もありました。

「けれど常連の在田さんと一緒に伺ったことで、店主の方から名物メニューの秘密や製法のこだわりなど深いお話も聞けて、新たな魅力を知ることができました。生活圏内で、これだけレベルが高く、バラエティに富んだお肉料理を楽しめるなんて、心底うらやましいです(笑)」と、まさこさん。

さすが神戸牛や但馬牛で名高い兵庫県、どこのお店もまず素材そのもののクオリティが高く、それを確実な技術と背すじが伸びるようなサービスで、それぞれ極上の味わいに仕上げています。

「お肉尽くしの旅でも、まったく食べ飽きない。どのお店もまた必ず、再訪したいと思います!」

伊藤まさこさん

暮らしまわりのスタイリストとして幅広く活躍する。「ほぼ日」でネットのお店「weeksdays」を開店中。10月に『母のレシピノートから』の新装版が筑摩書房から発売予定。インスタグラムは(masakoito29)。

「LEEweb」で動画もチェック!

伊藤まさこさんの「やっぱり肉が好き!」KOBE編

【特集】伊藤まさこさんの「やっぱり肉が好き!」


詳しい内容は2020年LEE11月号(10/7発売)に掲載中です。
撮影/宮濱祐美子 取材・原文/田中のり子 
※3/25〜3/26に取材。今後の情勢によって各店舗の営業時間、定休日等、変更の可能性があります。お店を訪ねる際は確認をお願いします。

Writer Profile

Today's LEE

ファッション、ビューティ、ライフスタイル、料理、インテリア…すぐに役立つ人気コンテンツを、雑誌LEEの最新号から毎日お届けします。

この記事へのコメント (0)

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

今日のLEE 最新記事

今日のLEEをもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

go to top