津島千佳

簡単でおしゃれ! 古着やハギレで作るクリスマスリース

12月に入り、クリスマスムードも高まってきました。自宅にツリーを飾った方もいるのではないでしょうか? 一方で使っていない時は収納スペースを取る、という大変情緒のない理由で我が家にはツリーがありません。

でもせっかくのクリスマス。子供もいるし、何かデコレーションを、と思っていたところ、ヴィンテージファブリックでリースを作るワークショップを発見! 作り方を教わりに行ってきました。

針と糸要らずだから手芸ベタでもすぐ作れる!

今回のワークショップを主催したのは東京・表参道にあるヴィンテージショップ「キラ クローゼット ヴィンテージ」。ヴィンテージファブリックを使うとのことで、手芸が苦手な私がうまくできるか、と不安でしたが材料を見てそれは杞憂に。だって糸も針も使わなくていいんですもん。

【用意するもの】

・輪型の発泡スチロール ・ハギレ×3種(着なくなった洋服でもOK) ・(お好みで)リボン

・チャコペン ・ピンキングはさみ(ジグザクにカットできるもの) ・ボンド ・水 ・平筆 ・(必要なら)一般的なはさみ ・割り箸 ・カッターナイフ

それでは早速作っていきます。

【1】

ハギレを1枚選ぶ。発泡スチロールの裏面(表面がボコボコしていない、なめらかな方)を下にして、ハギレの上にのせる。チャコペンで発泡スチロールの枠を取る。

内側、外側の枠を取る際、チャコペンを寝かせるのではなく、立たせて描くのがポイント。

【2】

枠を書いたらピンキングはさみで、描いた円よりも大きめに切る。

外枠が切れたら、ハギレを半分に折って内側も切る。内側は枠よりも小さめに切る。

【3】

発泡スチロールの裏面に平筆を使ってボンドを塗る。乾いた時にハギレがボコボコしないよう、ボンドを水で薄めながら塗っていく。

塗ったらハギレを下にして接着する。

乾いたら、発泡スチロールの縁にも薄めたボンドを塗る。表面と裏目の境にある線まで塗る。

ハギレの端を貼っていく。

はみ出たハギレをカットし、輪の内側にあたる布に切り込みを入れる。ピンキングはさみが大きく、小回りがきかない時は小さめの一般的なはさみで代用可能。

発泡スチロールの内側にも薄めたボンドを塗り、ハギレを内側に貼りつける。

暮らしのヒント/ひとり時間 最新の記事

ひとり時間をもっと見る

Writer Profile

津島千佳

ライター

Tica Tsushima

1981年香川県生まれ。主にファッションやライフスタイル、インタビュー分野で活動中。夫婦揃って8月1日生まれ。‘15年生まれの息子は空気を読まず8月2日に誕生。

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン