藤本こずみ

仲良しライターコンビが魅力をプレゼン! 『水晶玉子のオリエンタル占星術 開運暦2018』はおしゃべりしながら読むのも楽しい! 

10月5日に発売され、話題沸騰中の書籍『水晶玉子のオリエンタル占星術 開運暦2018』。

前回の水晶玉子先生インタビューに続き、今回はいち早く内容をチェックしたライターコンビによる魅力レポートをお届けします!

 

オリエンタル占星術のここがすごい!

 

今回のゲストは、LEEをはじめ、様々な媒体で活躍中のライター石井さん。

実は私、ライター藤本にとっては、同時にアシスタントとして働き始めたその瞬間から15年以上、長く濃い時間を共に過ごしてきた盟友です(この熱い関係紹介の理由は後ほど!)。

2人とも女性誌歴が長いので、占いは大好き。オリエンタル占星術の大ファンでもあります。

そんなコンビが、本を片手におしゃべりスタート!

オリエンタル占星術では、個人の運勢を、生年月日から調べられる27の“本命宿”ごとに見ていくのですが――。

 

藤本 私の本命宿は、“婁宿(ろうしゅく)”。キャッチフレーズは「バランス感覚No.1 人間関係の達人」なんだけど……実際、そうだったら嬉しいなぁ(笑)。

 

石井 当たってると思う! 「普段は穏やかなのに、何かあると疾走する馬のようなパワーとスピードを発揮」っていうところがピッタリだよ(笑)。私は、「気力体力No.1 とことん粘る」、“畢宿(ひっしゅく)”。

 

藤本 「一歩一歩時間をかけて目標を達成する」っていうところに納得! 美人宿だというのも羨ましいな(笑)。この本の醍醐味は、なんといっても1年365日分の運気と開運メッセージが載ってること。2017年版の日運カレンダー、私はスマホに保存して、いつでもどこでも見られるようにしてたよ。

 

石井 私もことあるごとにチェックしてた。2017年版では、8月に「体にいいトレーニングを」って書いてあったから、しばらくお休みしてたピラティスを再開したの。そうしたら、思った以上に冷えや疲れやすさを解消できて……実践してよかったなぁ。

 

藤本 婁宿は、2017年が28年に一度のターニングポイントだったみたい。確かに今年は、新しい仕事に挑戦することになったり引っ越すことになったり、公私ともに大きな動きが多かった気がする。特に9月は、仕事と住活と園活が重なってドタバタだったんだけど、カレンダーを見ると、まさに「やるべきことが山盛り」って書いてあって!

 

 

石井 ズバリ的中だね! 私は来年も美容・健康運が気になる。2018年版によると……「よきアドバイザー、指導者に出会える」だって。全体運も「学ぶ、習うことに縁がある」! ちょうど、ピラティスを続けていく上で骨格や筋肉について勉強したいと思ってたから、頑張ってみようかな。

 

藤本 そこからいろんな可能性が広がるのかも! 2018年の婁宿は……「2017年の変化によって見えてきた、自分の使命に力を尽くす時」。これから始まる新しい暮らしの中で、何かに取り組むことになるのかな!? 来年も、オリエンタル占星術をヒントにしながら、毎日を楽しんでいけるといいよね。

暮らしのヒント/生き方ナビ 最新の記事

生き方ナビをもっと見る

Writer Profile

藤本こずみ

ライター

Kozumi Fujimoto

1979年兵庫県生まれ。雑誌を中心に、インタビュー、ライフスタイル、占いなどの記事を担当。

家族は夫と2歳の息子。“東京で仕事”と“関西で育児”の二拠点生活に挑戦中。

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン