食物アレルギーの子どもと暮らす

食物アレルギーの子どもと暮らす【その2】〜始まりのアトピー性皮膚炎〜

「こえ、ままご、はいってゆ? にゅうにゅう、はいってゆ? ○○ちゃん、まめらえゆ?」

(これ、たまご、入ってる? 牛乳、入ってる? ○○ちゃん(自分は)、食べられる?)

まだわずか2歳でも、自分には食べることができるものとできないものがある、ということを理解し、必ずそう確認してから口に入れていた長女。

この子との生活で、彼女のアレルゲンである「卵、牛乳、ピーナッツ」を一切を家庭の食卓から排除した暮らしを10年近く経てきたところで発覚した、三女の食物アレルギーは、「卵、牛乳、ピーナッツ」に加えて「小麦、大豆」までもが除去必須な状態でした。

はじまりのアトピー性皮膚炎

2011年3月。震災の5日ほど前に撮影した三女。実際はここから半月ほどで、写真を残すことが躊躇われる勢いでこれ以上に悪化して行きました。
2011年3月。震災の5日ほど前に撮影した三女。実際はここから半月ほどのあいだに写真を残すことが躊躇われるほど、これ以上に悪化して行きました。

それは、東日本大震災発生の4日後。3月15日のことでした。

私は震災後保育園を休ませていた次女(当時4歳)と、まだ生後半年だった三女を連れ、ダイヤの不安定な電車に乗って小児アレルギー科を標榜するある病院に向かっていました。

計画停電実施のため、交通機関をはじめとしたあらゆる店舗や病院等の運営がガタガタになっていた最中のこと。本来ならわざわざ外出するのは躊躇われるはずでしたが、三女のアトピー性皮膚炎と思しき皮膚症状があまりにも酷過ぎて、不安でいてもたってもいられずの強行軍でした。

食物アレルギーであるという確定診断は、その時点ではまだ出ていませんでした。ただ「念のため」に採血していたのが、震災の一週間ほど前。

日に日に悪化する赤ん坊の顔のただれは、余震の恐怖感をも凌駕する痛々しさで、「血液検査の結果を早く見なければ」という急いた思いが私を焦らせていました。

薄曇り。黄色く澱んだ空にハウリングする防災無線の音声を、私はちゃんと聞き取れていませんでした。マスクもせず歩いていた上空を高濃度の放射性プルームが飛んでいたことを知るのはその数時間後のこと。

でもそんな現実すら霞むほど打ちのめされたことを、今でも昨日のことのように思い出せるのです。

「お母さんも食べ物を考えないと、このただれは治らないですよ?」

もう離乳食を開始する時期でした。でもあまりにも酷い血液検査の数値は、それ以前の問題であることを示していました。

「授乳中のお母さんも食べ物を考えないと、このただれは治らない」と言われたのです。

長女の食物アレルギーの除去で「卵、牛乳」を家庭から追い出すことには、もう慣れっこだったとはいえ、長女への授乳が終わってからこちら5年以上、私自身はずっと普通に食べていました。

この二つを抜くのに加えて、これまでは家族全員で食べることができていた「小麦、大豆」を、三女だけの食事から抜かなければいけない。それだけでも家庭の食事づくりでは難儀なことです。

しかし、母親の私の食事まで、これらを控えなければならないとなると、授乳している限り私もあらゆる外食、中食、市販のほとんど全ての卵、牛乳の入った食べ物に加え、パンもうどんも豆腐も納豆も豆乳も食べられないということになります。

「何を食べたら良いの?!」その朝、作り置いた煮込みうどんが脳裏に浮かびました。「帰宅しても、あれは食べられない……」。

かといって、いま私が授乳を止めたら、この小さい三女はいったいなにを口にして生きていけば良いのでしょう。当時、「直ちに影響は無い」という言い回しが流行ったものですが「直ちに影響は無い」どころか、この子はそのへんのドラッグストアで売られている普通の粉ミルクを飲んでも、代替品の豆乳ミルクですら、「直ちに死ぬ」のだという現実に、比喩ではなくもう目の前が真っ暗になりました。

「私がしっかりアレルゲンを除去した安全な母乳を与えて、ある程度のところまできちんと育てなければいけない」という責任感と重圧。

「でもその後、いったい何を食べさせて大きくすれば良いの?」という先の見えない絶望感。

それまで罹っていたこのアレルギー科ではなく、ごく普通の風邪などを診て貰っていたかかりつけ小児科から、「緩徐特異的経口耐性誘導療法」をやっている医療センターへの紹介状をいただくことになるのは、この後のことです。

どうにもならない、先の見えない日々を、それでも1ヶ月以上待って、やっと初診を受けられたのは4月末。三女は生後7ヶ月を過ぎていました。

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

藤原千秋

住宅アドバイザー・コラムニスト

Chiaki Fujiwara

1974年、栃木県生まれ。住宅ライター・アドバイザー&コラムニスト。家族は夫と小・中・高校生の娘3人。趣味は宝塚歌劇の観劇です。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン