結婚10年"夫婦のルール"

政井マヤさん&前川泰之さん、結婚10年インタビュー

最初からうまくいく夫婦なんていない。
時にはぶつかって、仲直りして、いつの間にか二人なりのルールができてきて、気がつけば夫婦の思い出がやまほど。

フリーアナウンサー・政井マヤさん&俳優・前川泰之さんのお二人にうかがったのは、そんな夫婦の話。これからも手をつないで、一緒に歩いていくために。結婚10年目を迎えた先輩夫婦の、これまでとこれからをインタビューしました!

撮影/大森忠明 ヘア&メイク/小坂沙織(政井さん) 山口リサ(プラスナイン)(前川さん) スタイリスト/加藤万紀子(政井さん) 中西ナオ(前川さん) 取材・原文/石川敦子
※この記事は2016年12月7日発売LEE1月号の再掲載です。


プラスとマイナス、アクセルとブレーキ。まったく違う人間だからこそ、夫婦は補い合える

 

―― 家のことも子供のことも、やれるほうがやる。そのときの状況に、そのつど、必死で適応させていくしかない、と口を揃えるお二人。

 

前川 結婚当初はマヤのほうが仕事が忙しくて、僕のほうがかなり家のことをやっていたよね。

政井 泰さんは料理も私より上手だし、洗濯物のたたみ方も、結婚してから私のほうが教わったくらい。最近はフィフティ・フィフティで分担してたつもりだけど、ここ数年は泰さんが忙しくて。急に50の戦力がなくなってしまって、てんてこまい。今までほんとに頼って甘えちゃってたんだなぁ、とあらためて実感してる。でも泰さんはフラフラに疲れて帰ってきても、一生懸命何かやってくれるので、本当にありがたくて。

前川 それは性格。気になっちゃうんだよね。翌朝、朝食とお弁当の支度をするのに、キッチンはきれいにしておきたい、とか。

政井 私はズボラだから。

前川 大らかだよね。

政井 いい表現ね(笑)。

前川 マヤから見たら、僕のきちっとしすぎるところが気になるかもしれないけど、お互いの違いを認める、というのかな。夫婦はそういうもんだと思うようになった。でも10年の間には、お互いにイライラした時期もあったかな。

政井 話し合いはけっこうした。

前川 子供が幼稚園に上がったり、2人目が生まれたり。生活のリズムが変化して、お互いにしんどくなってきたときは話し合って、アジャストして、その繰り返し。

政井 私はためておけないタイプだけど、泰さんはいくらでもためて、貝のようになっていくでしょう。

前川 忍耐が好きなんだよ。昔の侍みたいに耐え忍ぶ(笑)。

政井 まったく不満を言わないから、私も何をきっかけに文句を言っていいかわからなくて、ある日、私がどっかーん!と噴火。感情的にわーっと言うのに対して、泰さんからは二言、三言返ってくるか、こないか。それも3日後だったりして。私は怒りのテンションが続かないので、その頃には落ち着いてる。私がクールダウンするのを待ってるんでしょう?

前川 うーん、それもあるけど、マヤの回転があまりにも速いので、ついていけないんだよ。

政井 考えがまとまってから返してくる。常に一歩引いて冷静だよね、悔しいけど(笑)。でも必ず、「自分はこういうつもりで、こうやってた。これからはこうしよう」と、ちゃんと説明して、解決策を提案してくれるので、私も納得できるの。

暮らしのヒント/生き方ナビ 最新の記事

生き方ナビをもっと見る

Writer Profile

LEE編集部

LEE Editors

LEE編集部スタッフが撮影裏話や展示会で見たもの、プライベートで気になったことなどを日々発信!

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン