スマホでスーパーの会計まで。急激に進むセルフレジの世界

カートにバーコード読み取り機がついており、買いたいものは自分で読み取る

 

合計金額がすぐわかる

 

どの業界でも人手不足が深刻さを増しています。そのため、店舗ではセルフ決済の導入が課題となっており、スーパーやコンビニでも自分で商品のバーコードを読み取り、カードや電子マネーで支払うところも増えてきました。この流れはキャッシュレス決済とともに一気に進みそうです。こうした決済システムは店側にとってはもちろんメリットがありますが、私たち消費者にはどうなのだろうかと疑問がありました。レジがスムーズに済む、小銭が不要という理由だけではそれほど魅力的ではありません。もっとセルフレジならではのメリットがほしいところです。

そんな折に、「リテールテックJAPAN」という展示会に行ってきました。こちらでは、流通にかかわる様々な情報技術の展示やプレゼンが行われ、中でもセルフレジや画像認識、キャッシュレス決済端末の最新技術がすらり。特に、スーパーマーケットのカート自体がセルフレジになるというものが興味深かったので、ご紹介したいと思います。

しくみは、カートにタブレットとバーコードの読み取り機がセットされており、客は商品のバーコードをスキャンをしながらカートに入れていきます(バーコードがない果物や野菜は、タブレットのメニューから選びます)。するとタブレット画面には買った商品の明細と合計が表示され、買い物の最後に有人レジを通さなくてもよく、あとは登録したクレジットカードなどで決済するだけ。

しかも、会計が楽になるだけではありません。例えばパスタを買おうとスキャンしてカートに入れたとします。すると、そのパスタと一緒に買うと割引になるパスタソースがありますよ、という情報が出るのです。じゃあ、そのソースを買おう思えば、売り場情報を画面に呼び出してどこの売り場にあるのかを表示させることもできます。タブレットに今日の特売チラシを表示したり、買った材料を使ったレシピを探すことも。晩ご飯のメニューに悩んだ時には役立ちそう。

スマホを使ったバーコード読み取りも可能

自分のスマホを使ったスキャンも

このセルフスキャン式ショッピングでは、タブレット型カートの他に自分のスマホを使うこともできます。

前に専用アプリをダウンロードし、スマホのカメラで商品のバーコードをスキャンしていくのです。事前にアプリに買い物メモを登録しておくと、その商品が店内のどこにあるのか、店内マップ上で教えてくれるという機能も。また、「マヨネーズ」と入力して検索すれば、その店にある様々なメーカーの商品を一覧で表示することも。これなら効率よく買い物ができそうですね。会計は事前にクレジットカードを登録しておき、それで支払うか、今後はQRコード決済にも対応する予定だとか。

スーパーでの買い物は時間も頭も使うもの。こうした技術によって少しでも楽に、オトクになるような未来が来るよう期待したいですね。

メール募集

「暮らしのヒント」では、LEEで活躍中のライターが、
日々の暮らしに役立つ記事をお届け中。
「○○さんの××の記事がよかった!」などご意見、ご感想や「こんなことで悩んでます」「あのことが知りたい!」など、読みたいテーマのリクエストも大歓迎です!

メールを送る

暮らしのヒント/マネー 最新の記事

マネーをもっと見る

Writer Profile

松崎のり子

消費経済ジャーナリスト

Noriko Matsuzaki

消費経済ジャーナリスト。雑誌編集者として20年以上、貯まる家計・貯まらない家計を取材した経験から、貯蓄や節約のアドバイスを行う。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン