峰典子

怪じゅうと人の交流を描く 創立90年、人形劇団プークの魅力って?

「人形劇」というと、小学校の体育館で観た以来という方も多いのではないでしょうか。新宿に劇場を構え、子ども向けに人形劇を上映し続けている「人形劇団プーク」。慣れ親しんで育った子どもが親になり、二世で楽しむひとの姿も多いといいます。なぜこんなに息長く愛されるのでしょう。そのわけは、どうやら芝居作りに秘密があるようで……。

こだわり抜いた、子どものための人形劇

人形劇団プークは1929 年に創立、1971年に劇場をひらきました。人形劇専門の劇場をもつ劇団は日本でただひとつだけ。土日祝日、春・夏・冬休みを中心に、子どもに向けた公演を続けています。プークの舞台は、各分野の熟練したクリエイターが集まり、たくさんの時間と手間をかけて作り出される、珠玉の作品。もちろん人形も人の手によるもの。脚本、演出や美術、音響、照明、音楽といった細部までこだわり抜き、ようやくひとつの劇が完成します。そこに役者たちが加わると、人形に命が吹き込まれ、まるで生きているよう。なめらかでダイナミックな動きに、子どもたちからは「ハッ」「ワッ」といった声が漏れてきます。これは、人形劇でしか感じられない特別な体験!

人形や大道具には、子どもたちを夢中にさせるユニークな仕掛けが。背景が人形の動きに合せて動いたり、瞬時に回転することで、人形がどの方向に進んでいるのか、位置関係が理解しやすい。子どもに寄り添って作られているのがよくわかります。

芝居の前も後も、ゆっくりと過ごせる

劇場が新宿の地に根を下ろしたのは1971年のことだといいます。プークの名が彫られたビルはあたたかみに溢れた、愛らしい建物。劇場は地下のホール100席。劇場内は飲食禁止ですが、カフェでコーヒーやオリジナルクッキー、子ども向けのドリンクなどを求めることができるので、芝居の前後や幕間に休憩することが可能。キッチュな魅力が爆発したショップは、世界中から集められた指人形やバッジ、マグネットなどがずらり。人形劇関連の書籍も並んでいます。

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

Writer Profile

峰典子

ライター/コピーライター

Noriko Mine

1984年、神奈川県生まれ。映画や音楽レビュー、企業のブランディングなどを手がける。子どもとの休日は、書店か映画館のインドアコースが定番。フードユニットrakkoとしての活動も。夫、5歳の息子との3人家族。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン