佐々木はる菜

あなたの日焼け止め、危険かも!日本初の「サンゴに優しい日焼け止め」って?

2021年から、ハワイで日焼け止めの販売が禁止になることをご存知ですか?
販売禁止となるのは、紫外線吸収剤の「オキシベンゾン」と「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」が含まれる製品。サンゴ礁の白化現象につながるなど有害性が指摘されていることから、法案で禁止が可決されました。そして、現在日本で発売されているほとんどの日焼け止めには、その2つの成分が入っているそうです。
今回は、日本でいち早くその問題に気づいたひとりの女性によって作られた「サンゴに優しい日焼け止め」について、お伝えしたいと思います。

日焼け止めが原因で、サンゴが死んでしまう

サンゴ独特の美しい色は、共生している「褐虫藻(かっちゅうそう)」が光合成を行うことによって作られています。褐虫藻がいなくなってしまうと、サンゴは栄養を摂ることもできなくなり、色は抜けて白くなり、死滅してしまう…これが「海の砂漠化」とも言われ問題になっているサンゴの白化現象です。
前述のオキシベンゾンとメトキシケイヒ酸エチルヘキシルは、この褐虫藻にダメージを与えるため、海外ではほとんどのビーチで使用が禁止される国もあるなど規制が進んでいるそう。日焼け止めが海に流れ込む量は、なんと年間1万4000トンにのぼると言われており、ハワイでの販売禁止法案の可決も、サンゴ礁をはじめとした海の環境保護を目的に掲げています。
一方日本では、日焼け止めの危険性はあまり知られていません。私も全く知らず、海に入る時は毎回、念入りに塗りたくっていました…。

日本初!サンゴを守ることができる日焼け止めを作ろう

今回ご紹介する「サンゴに優しい日焼け止め」を開発したのは、沖縄に住む、海が大好きな呉屋由希乃さん。
彼女がこの問題について知るきっかけとなったのは、座間味島のビーチで市販の日焼け止めクリームを塗っていたところ、ダイバーの方から「それを塗って海に入るとサンゴが死んでしまう」と指摘されたこと。でも日本では、環境に配慮した日焼け止めはなかなか見つからず、あったとしてもオーガニックでとても高額なものばかりでした。そんな現状を変えるため、クラウドファンディングで資金調達に挑戦しながら自ら、安全で使いやすい手ごろな価格の製品を作ることに決められたそうです。

暮らしのヒント/ヘルス&ビューティ 最新の記事

ヘルス&ビューティをもっと見る

Writer Profile

佐々木はる菜

ライター

Halna Sasaki

1983年東京都生まれ。結婚・出産を機にWebライターを始め、国内外のトレンドやニュース、子育て情報などを執筆。女性のキャリア・働き方についての情報発信も目指す。京都人の夫、甘えんぼ5歳息子&強気な2歳娘の4人家族

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン