上紙夏花

おしゃれ上級者アイテム、スカーフをアートピースのように楽しむ!

スカーフを上手にファッションに取り入れたい!

柔らかく上品な印象を与えるスカーフ。私は昔から憧れてはいるものの、使いこなせる自信がなくて、お店で眺めているだけで手に取ることさえできないでいるアイテムです。そんな中、40歳を迎えて「絶対に使いこなしてみせる!」と思わせてくれたスカーフに出合ってしまいました。

 

アクセサリーデザイナー・松尾郁子さんが、初めて発表したスカーフ。シルク100%。サイズ88cm×88cm、made in japanです。

 

こちらがそのスカーフです!こんな風に壁に飾っても素敵ですよね。それもそのはずで、デザイナーの松尾郁子さんは京都市立芸術大学大学院出身。日本画を専攻していたことから、日本画の画材、岩絵の具をつかったアクセサリーを多数は発表しています。

 

こちらはピアスです。側面や裏側までデザインされていて、「見る角度で表情を変える」というのが松尾さんの作品の魅力。

 

今回初めてスカーフを発表した松尾さんは「今まで作ってきたアクセサリーと絵をつなぐような存在がこのスカーフなんです」と語ります。お話を伺ってみると私と同じで、スカーフはまとうよりも眺めていた期間が長かったそうです。「母の洋服箪笥にきちんと畳んで並べてあるスカーフを見るのが好きでした。その中で私はどれが好きかな?なんて考えたり。自分も含めて、もっと日本人にスカーフを使いこなしてほしいなと思っています」

松尾郁子さんは東京・大阪の2拠点で活動するアクセサリー作家。1歳の男の子のママでもある松尾さんはとても柔らかな雰囲気の持ち主です。色使いや素材選びにセンスが光ります。

 

「GパンにボーダーTシャツにトレンチコートのシンプルなコーディネートに首元にスカーフを上手に巻いた人を見かけて、すごく感動しちゃって!スカーフの少しのアクセントで、こんなにも華やかになるのかと」ボーダー&トレンチって、まさにLEE読者のど真ん中ですね。私も挑戦しなくちゃ!

 

 

アトリエの庭の花を束ねたブーケがモチーフに

 

この写真を見てから、先ほどのスカーフをよくよく見ると……スカーフの中に隠れているのがわかります。ブーケの写真と松尾郁子さんの日々のドローイングが、スカーフの中で物語のような世界をつくっています。

 

 

実はこのお花、松尾郁子さんのアトリエのお庭で咲いていたもの。『アトリエ・ログハウス』のガーデンには、彼女が大切に育てた草花たちがたくさんあります。ここに通う親子をやさしく迎え入れ、私たちに季節を教えてくれます。ときにはモチーフとして、お庭の草花が教室に登場することもあるのだとか。

 

暮らしのヒント/ひとり時間 最新の記事

ひとり時間をもっと見る

Writer Profile

上紙夏花

ライター

Natsuka Uegami

1977年大阪府生まれ。吉本新喜劇の女優を経て、ライターに。現在は化粧品の商品開発やPRを手掛けるほか、ベビーマッサージ講師としても活動している。夫・息子6歳&1歳。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン