暮らしにもこだわりが!デザイナーのお宅を訪問

フレンチスタイルを取り入れた大人の家

コペンハーゲンから北に向かって電車で15分の郊外にあるJ.Fさんの家は、北欧テイストというよりは、どこかフレンチスタイルを思わせるシックなモノトーンコーディネートが印象的。
白を基調とした空間に、黒いキャビネットやテーブル、スモーキートーンのファブリックで、部屋を美しく調和させています。

インテリアのルールはありますか?と聞いてみると、

「白と黒とグレーで統一して、ほんの少し色を足しています」

インテリアコーディネートを専門としているJ.Fさんからは、さすが明快な答えが。そんなシンプルな色のルールは、私たちにも取り入れやすそうです。

色以外には、アンティーク家具や愛らしいペーパー雑貨、ラフィアのかごなど、異素材アイテムをほどよくミックスし、単調で冷たくなりがちなモノトーンスタイルに、奥行きをつけています。

「特にアンティークは大好きで、週末に開かれる近所のフリーマーケット通いが欠かせないんです」

一方、窓辺やテーブルには、グリーンや花を飾って、北欧らしいあしらいも忘れずに。それが相まって、温かみもある心地よい大人のモノトーン空間を作り出しています。

 

d1-2

白がきわだつクリーンで心地よいダイニング。テーブルも左のアンティークキャビネットも自ら白くペイント。

d1-1

中2階のリビングは、見晴らしもよく、窓から見える景色はまるで絵画のよう。適度に置かれた黒い家具が、インテリアの引き締め役に。キャビネット内の見せる収納にも注目。

d1-4

寝室のワンコーナー。こちらも"白、黒、グレーに色を少し"のルールが。よーく見るとなすの色までお揃い! スタンドランプはデンマークの雑貨ブランド、ハウスドクターのもの。

d1-3

夫婦の寝室もモノトーンでシックにコーディネート。ベッドサイドのインダストリアルなフロアライトやスツール、白や黒のペーパーポンポンがシンプルな空間のスパイスになっています。

 

COPENHAGEN DENMARK
2LDK 150㎡

妻38歳(『イケア』インテリアデザイナー)
夫36歳(『イケア』物流担当)
娘6歳・息子3歳

コペンハーゲンの北部に位置する緑豊かな町、リュンビューに在住。5年前に現在の家を購入し、キッチンなどはまだリノベーション中。


[最新号] 試し読み・定期購読はこちら

この記事へのコメント (0)

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

インテリア@LEE 最新記事

インテリア@LEEをもっと見る

LIFEをもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン