素敵な家の"いつもリビングすっきり"ルール

家具は思い切って最低限に:グラフィックデザイナー・葉田いづみさん宅

インテリアの達人は、収納・片付けの達人でもある!?
LEE10月号のインテリア特集は、日本・ブルックリン・北欧と、数々のインテリアルポを行ってきた編集ぷーすけが見て気づいた「すっきりリビングの共通項」をもとに、インテリアが素敵なお宅を取材。収納家具や片付けのルールをうかがいました。

第2回目は、グラフィックデザイナー葉田いづみさん宅。3歳の男の子のママでもある葉田さん、「散らかってももとに戻せる」仕組みづくりとは?

いつもリビングすっきりルール2-6

築30数年のマンションをリフォームし、半年前に引っ越したばかりという葉田さん。落ち着いたグレーを基調としたインテリアは、やんちゃ盛りの男の子がいるとは思えないほどすっきり。
広々とした空間を保っていられるワケは、“家具を必要以上に持たない”というルールにあるようです。

「本棚やチェストなど、収納家具を増やすとその分、物は増えていくし、圧迫感も出てしまうんですよね。箱を重ねた本棚も、もっと段を増やしてもいいのかもしれないですが、壁を隠してしまうと重たくなる気がして、あえて低く抑えるようにしているんです」

いつもリビングすっきりルール2-7

リビングの壁3面にペンキを塗り、1面だけコンクリートの躯体をそのまま残して、インテリアの一部に。白・グレーのシックな空間に、家具の木の質感が、ほどよいぬくもりを添えてくれます。
細長い食卓と子供椅子は、木工作家として活躍中の夫・西本良太さん作。

いつもリビングすっきりルール2-8

職業柄もあって、夫婦ともに細かい雑貨は大好き。でも掃除のしやすさや見た目のすっきり感を考えて、飾るのは玄関のシュークロークの上だけと決めているそう。ちょっとした我慢も大事なんですね。

NEXT 片付けの秘密をチェック!

この記事へのコメント (1)

  1. ナムル

    家具自体を置かない潔さはスゴイです。でもモノを置かないって難しいですね。収納する場所がほとんど無い我が家は家具を使うかリフォームするかの迷いの中で暮らしているようなもので、そろそろスッキリしなければと思っています。来年辺り近くにイケアも出来るようなので 家を建てた時以来のインテリアを考える年になりそうです。

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

今日のLEE 最新記事

今日のLEEをもっと見る

Writer Profile

今日のLEE

Today's LEE

ファッション、ビューティ、ライフスタイル、料理、インテリア…すぐに役立つ人気コンテンツを、雑誌LEEの最新号から毎日お届けします。

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン