北欧、子供と一緒に暮らす家

子供部屋の家具にも北欧デザインを取り入れて

北欧、子供と一緒に暮らす家No.2 2 LDK 102
伝統的なものも最先端も。いいデザインと暮らす

 

上海万博のフィンランドパビリオンなど、さまざまな大きなプロジェクトを手がけている建築家のT.Kさん。
自分の家にも並々ならぬ思いがあり、リノベーションは3度目なのだとか。

「以前はモノトーンでシャープな印象の部屋でした。だんだんと、もう少し温かみがあるほうがいいな、と思うようになって。床は明るい木材、壁はお城などに使われていたような古い塗り方でマットな質感に、キッチンもニカリ(丁寧なもの作りで知られるフィンランドの家具ブランド)の木の面材のものにしました」

北欧、子供と一緒に暮らす家2-2

ダイニングテーブルもニカリにオーダー、チェアはタピオ・ウィルッカラのデザイン。
本はきっちり並べず、適度にラフな雰囲気に。シンプルでメンズライクなコーナーですが、花やグリーンを欠かさないのが北欧ならでは。

北欧、子供と一緒に暮らす家2-3
リビングの一角にあるワークスペース。デスクはT.Kさんがデザインしたもの。軽やかなガラスの天板に武骨な木の脚というバランスがおもしろい。

 

ベーシックなものを基調としながら、リビングの照明はレバノンの.PSLAB、ひとり掛けのチェアはジャスパー・モリソンがニカリのためにデザインしたもの、と現代のデザイナーの作品も取り入れて。そのバランスの妙はさすが第一線で活躍中の建築家です。

妻のY.Eさん。今のインテリア、いかがですか?

「好みは基本的に同じなので、とても気に入ってます。ひとつだけ、彼にまかせていると白やグレーを選びがちなので(笑)、リビングのラグは私の希望でピンクにしました」

もっと色を使いたいとは思いませんか?

「仕事でたくさん色を使っているので、家の中はこれくらいがちょうどいいんです」

 

この記事へのコメント (0)

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

インテリア@LEE 最新記事

インテリア@LEEをもっと見る

LIFEをもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン