今年のハロウィンにぜひ☆ 10月のレシピ『かぼちゃのブラン・モンブラン』

 

このたびの台風により 被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます

どうか一日も早く 平穏な日常に戻られますようお祈りいたします

 

 

 

10月半ば

いよいよ10月31日に向けてハロウィンモードが盛り上がってきました。

いつもの定番スイーツをどうハロウィンver にアレンジしようか あれこれと迷うのも、すっかり恒例となった たのしい時間です。

 

今回のレシピは『かぼちゃのブラン・モンブラン』です。

甘さが増したほくほくのかぼちゃをクリームにして、アクセントに刻んだ栗を入れました。

やさしいミルク感のホワイトチョコクリームで包みこんだ白いモンブラン。

ブランは”白”の意。 黄色いモンブランの表と中を逆さにしたモンブランです。

 

旬が二度あるといわれる かぼちゃ。

一度目は収穫の夏、そして二度目は収穫後じっくりと寝かされて 成熟した秋。

今がちょうど二度目の旬。

十分な甘さを蓄えておいしく熟した頃です。

旬の食材で作ったお菓子はやっぱりおいしい!

 

収穫を祝い、悪い霊を払うハロウィン。

実りの季節に感謝して、旬のおいしさをたのしんでくださいね。

 

 

                           ミニサイズでハロウィンデコ☆

 

 

 

 

 

 

 

 

かぼちゃのブラン・モンブラン

【材料】 10個分

・ かぼちゃ(正味)  200g
・ 砂糖    20g
・ バター    10g
・ 生クリーム    50ml
・ シナモン    適量
・ ラム酒   小さじ1/2(お好みで)

・ 栗の渋皮煮 (刻む)    4~5粒

・ 生クリーム     150ml
・ ホワイトチョコレート    50g

・ 全粒粉ビスケット    10枚
・ ココア    少々

 

【作り方】

① かぼちゃのクリームをつくる。かぼちゃは種とわたを取り、皮をむいて3cm角に切る。耐熱皿に並べ、ふんわりラップをして電子レンジで3分ほど、やわらかくなるまで加熱する。熱いうちにフォークなどでていねいに潰す。

② ①に砂糖、バターを順に加えてその度よく混ぜる。生クリーム(50ml)を少しずつ加えて混ぜる。シナモン、刻んだ甘栗を加えて混ぜる。

③ ホワイトチョコクリームをつくる。ホワイトチョコレート(25g)を細かく刻み、湯煎で溶かす。生クリーム(100ml)を少しずつ加え、よく混ぜる。なめらかになったら氷水にあてて角が立つまで泡立てる。

④ ビスケットに②のかぼちゃクリームをこんもりと塗る。お皿にのせ、上から③のホワイトチョコクリームを星口金で渦巻状に絞る。ココアを振る。

 

 

 

製作・撮影/八田 真樹
お菓子研究家。短大卒業後、会社勤めを経て幼い頃から好きだったお菓子の道へ転身。フランスに留学、ル・コルドン・ブルー パリ校卒業。ルノートル、ベルーエ・コンセイユなどでも学ぶ。著書に『フラン』『ケーク・サレ』(共に文化出版局)、『野菜・豆・果物のヘルシーお菓子』(扶桑社)、『板チョコスイーツ』(主婦と生活社)などが。

お菓子研究家

Writer Profile

Maki Hatta

旬の食材を取り入れた、手軽でおいしいスイーツのオリジナルレシピをお届けします。季節感あふれるスタイリングも、ぜひお手本に。

この記事へのコメント (0)

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

八田真樹さんの絶品スイーツ 最新記事

八田真樹さんの絶品スイーツをもっと見る

FOODをもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン