気づいてますか? 子どものSOS

【学校ってやっぱり行かないとダメ?】『不登校新聞』編集長 石井志昴さんロングインタビュー|LEEweb限定記事

気づいてますか? 子どものSOS

突然子どもが「学校に行きたくない」と言いだしたら、あなたはどうしますか?
今回は、、不登校当事者や親に役立つ記事、情報を掲載した『不登校新聞』編集長の石井志昴さんのロングインタビューをお届けします。「学校ってやっぱり行かないとダメですか?」とリアルな質問に答えていただきました。

 

『不登校新聞』編集長・石井志昴さんに聞きました
学校ってやっぱり行かないとダメですか?

 

未就学期の「行きたくない」気持ちを小学校まで抱えていることも

『不登校新聞』の編集長として、これまでたくさんの不登校当事者・経験者に取材を行ってきた石井さん。自身も不登校経験者です。どもが「学校に行きたくない」と登校をしぶったら、その気持ちを受け止めてほしいと言います。

こどものSOS-ill_3

「以前取材した15歳で不登校という方は、保育園時代から“行きたくない”気持ちがあったそうです。ですが、保育園のときは、“行きたくない”とだだをこねても力づくで連れて行かれたので、小4まで待って不登校になったと。同じように、保育園、幼稚園時代に“行きたくない”と訴えたものの、親に抱えて連れていかれた経験から、体格的に親に無理強いされない小学生や中学生まで待って不登校になった人は何人もいます。最初に“行きたくない”と言い出したときを見過ごさず、早い段階で受け止めてあげることが大切なのでしょう

 

不登校は、不運だけど、不幸ではありません

もし、子どもが「学校に行きたくない」と言った場合、親としてどのような心構えで対処することが必要なのでしょうか。

 

「僕が感じることですが、不登校で起きる本当の問題は、“この子のためだから”“将来のためだから”と親として子どもを思いやっているつもりで、今やるべきこと、今の幸せをすべて犠牲にしてしまうことだと思うんです。親御さんが“しばらく学校を休ませたほうがいいかも?”と感じるのなら、自分のカンに従っていただくのがいいと思います」

 

ところが、子どもの将来についてあれこれ考えたり、祖父母が意見してきたり、ニュースで不登校に関することを見聞きしたり、情報が増えてくると、親が自分のカンを信じられなくなってしまうことも。

 

情報に惑わされず、お子さんの顔を見て、今現在をどう幸せに生きるのか、お子さんの幸せがどこにあるのかを一番に考えていただきたいです。不登校になるまでにはいろいろな理由があり、それは不運なことではありますが、不登校になったから不幸になるのが決まるわけではありません! また、不登校はさまざまな要因が積み重なった結果起こるものであり、親の育て方の良し悪しが原因ではないので、それで思い悩まないでほしいです

石井志昂さん

石井志昂さん

不登校当事者や親に役立つ記事、情報を掲載した『不登校新聞』の編集長。自身も不登校経験者で、’01年からスタッフに。

この記事へのコメント (0)

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

今日のLEE 最新記事

今日のLEEをもっと見る

Writer Profile

今日のLEE

Today's LEE

ファッション、ビューティ、ライフスタイル、料理、インテリア…すぐに役立つ人気コンテンツを、雑誌LEEの最新号から毎日お届けします。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン