「LEE創刊35周年全国ツアー」VOL.9@大阪 栗原はるみさんのトークショーをレポート!

全国8都市9カ所を、素敵なゲストとともに巡るLEE創刊35周年全国ツアーも、おかげさまで最終回を迎えました!

今回は、グランフロント大阪のナレッジシアターにて、総勢245名の読者の方々と素敵な時間を過ごすことができました。

「お話を伺って前向きになれました!」「生活スタイル、考え方、すべてがとても素敵で感銘を受けました」など、感動の嵐を巻き起こした、我らが料理家・栗原はるみさんのお話を中心に、当日の様子を感謝とともに振り返ります。

LEE創刊当時は専業主婦だった栗原さんが、一躍、人気料理家に!

料理研究家 栗原はるみさん●静岡県下田市出身。1973年TVキャスター・栗原玲児氏と結婚。家族のために作る自由な発想の家庭料理が評判を呼び、料理家に。料理家として日本で初めて著書発行部数2800万部を越える記録を持つ。その一部は海外でも翻訳されている。

「料理家としての私があるのは、実は『LEE』のおかげなんです。しかも『LEE』は創刊35周年、私の料理家人生は33周年。ともに歩んできたと言っても過言ではないですね。

『LEE』が創刊された当時の私は、ふたりの子供を育てる専業主婦。主人がテレビのキャスターをしていたこともあって、来客が絶えない家庭でした。そのたびに、大好きだった料理をお客様にお出ししていたのですが、それが評判になっていたみたいで。

転機は「『LEE』の料理ページをやってみませんか?」という突然の電話からはじまりました。実はその電話の主は昔、我が家に取材に来た週刊誌のライターのひとり。私の料理を食べて、「自分が料理ページを持つときにはぜひお願いしたい」とずっと思ってくださっていたようなのです。これが料理家生活のスタートでした。

はじめて担当したのは、1985年8月号の「焼肉」をテーマにしたページ。

それまで雑誌の料理ページは、高級レストランのシェフや栄養学を学んだ人によるものが通常だったので、ひとりの主婦が担当するだなんて、とても珍しいことでしたね。その焼肉ページが始まりで、年に数回、『LEE』に出させてもらうようになりました」(以下、「」内はすべて栗原さん)

はじめて通帳に振込が! 「やっと自立できた!」

栗原はるみさんを、LEE編集長・崎谷治と担当編集である渡邉敦子が囲んで。

「はじめての雑誌の仕事は、わけもわからず、ただ「なんとか成功させたい」という思いで試行錯誤しました。発売日がすごく待ち遠しかったのを覚えています。

それからこのとき、はじめて自分の通帳を作ったんです。振り込みされたのを確認したときは「はじめて自立できた!」とウキウキしました。なんと言ってもそれまで、働いたことがなかったので。

当時の娘の作文には「お母さん、お仕事大変そう。けれど仕事の依頼がくるとちょっとうれしそう」と書かれていました」

『#LEE35周年大阪』参加いただいた方のinstagram・twitter投稿!


LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン