LEE2019年12月号は別冊付録が豪華!栗原はるみさんの「定番中華」「ごちそう中華」

まだまだLEEパーティーの余韻に浸っておりますが(過去記事①→ニューアメリカン創作料理“SHUNNO KITCHEN”を頂く@LEEパーティー&サプライズゲストは…/過去記事②→LEEパーティーのお土産&2次会・3次会)、LEE今月号のレポがまだだったので、遅ればせながら…!

では早速感想を!

まずは別冊付録の栗原はるみさんの中華レシピ!!

凄い。凄いです。内容の濃さもさることながら。栗原はるみさんの本格的な中華レシピ。花椒を買わなきゃと強く決意。甜麺醤も八丁味噌から手作りされています。ねぎオイル、にんにくオイルも風味が増すとのことで手作り。栗原はるみさんご愛用のレンゲや茶器、絵皿なども一つひとつ可愛くて凝視…。本格レシピが並ぶ中で、レンジで作れるモノやフライパンで作れるチャーシューなど時間と心に余裕のない私のような主婦にも有り難い簡単レシピも!!永久保存版!作ったものは、また料理部にて投稿したいと思います!!

週3、堂々と着回せる「黄金セット」が最強!

part01~05までタイプ別に分かれており、それぞれベーシック派/パンツ派/スカート派/トレンド派/身長別…と着回し例が細やか!!小物を全部黒で揃える、白シャツを着て印象をガラリと変える、スカーフ使いでワンツーコーデに彩りをプラス…などなど、「あ、着回してる…」感を払拭してくれる今すぐ真似したい小技が盛りだくさんです…!

中野明海さん×神崎恵さん「30代からのきれいの紡ぎ方」

ヘア&メイクアップアーティストの中野さんと、美容家の神崎さんが本音で語り合う夢の初対談。
きれいになる方法…と言うより、生きて行く上で気持ちがラクになれる考え方や工夫、思考の転換…心にスーッと染み渡る対談内容です。
中野さんは22歳と18歳の息子さん達が居て、神崎さんも19歳、15歳、4歳の息子さん達がいらっしゃる、働くママです。“まぁ、いっか”って良い意味で諦めることが大切!という一節がとても心に響きました。諦めることで今本当に必要なことが浮き彫りになり優先事項が明確になる…なるほど!!「きれいを紡ぐのに欠かせないもの」という項目でも、やはり“前向きな諦め”の大切さについてレクチャーが。対談の〆は、やっぱり笑顔に勝るメイクはない!というお話。あと、家族を笑顔にするためのお料理の話も。中野さん愛用の「松前屋 昆布の水塩スプレー」が気になります笑。
「頑張れない日」の超時短メイクも気になるモノだらけ…!!もうさすがに20代の頃みたいなパウダリーファンデではなく、リキッドファンデを使わねばならないかなぁ、と思っていたところだったので…HAKUのリキッドファンデが日焼け止め効果もあって良さそうだなーと。(←すぐ影響されるタイプ。笑)
お二人の「頑張れない日」のベストコスメ11選があれもこれも気になって…笑。
そして極めつけは「Q&A」コーナーと、LEE読者に向けたお二人の直筆メッセージ!!とりあえず今、SUQQUチークとTHREEのコンシーラーが欲しいです笑。
中野さんところみたく将来長男とフランス旅行に行ける日が私にも来るのかな。神崎さんところみたく長男が一人暮らしを始めたら…と想像しながらも、LEEを閉じて日常生活に舞い戻ると慌ただしくて「ままならない」こと多々で白目をむいてばかり(;゚ロ゚) お二人のように1日1日を慈しみながら、「なんか疲れたなぁ」と感じたら無理せず休む、身体が資本!を念頭に。そして、悲しい時も苦しい時も笑顔を心がけたいです!(心がけたい!なかなか現実には難しくとも。涙)
お二人とも、無心になりたい時は「料理」で一致されているところが凄い…。私は創作活動が好きだし美味しいモノが大好きだけど「一生料理しなくて良いよ」と言われたらたぶん本当に料理しないと思います笑。無心になりたい時の自分なりの工夫や取り組みを模索中…。
次号(2020年1月号、12月6日発売)では「数字で語る冬のベストコスメ」の特集があるようで。それも楽しみです。

もも肉、丸鶏でローストチキン&ザクザク本格派フライドチキン
ホーロー容器で作る焼かないスコップスイーツ

料理家の今井亮さんレクチャーの2種類のクリスマスチキン料理!と、同じく料理家の小堀紀代美さんのスイーツ。プリン、レアチーズケーキ、ゼリー、アイスクリーム!!実は私、食器やキッチン雑貨は沢山持っていても、ホーロー容器というものを持っていないのです。便利そうだなと前々から思いつつ、重いから敬遠してしまって。手持ちのミルクガラスの容器で代用出来るかな…?今井亮さんのレシピは、過去のLEEレシピでも登場していますが麺料理や電子レンジ料理特集で自分でも作って見た時に本当にどれもハズレがなくてしかも工程が簡単!!「ズボラだけど美味しいものを作りたい」というワガママ主婦の味方です!!丸鶏はこれまで母直伝のスタッフィングで焼いたりしていたのですが、今井亮さんのジャガイモを使ったスタッフィングも美味しそうです。

「我が家の主役はリビングよりも『ダイニング』!」

我が家もダイニングが主役みたいなものなので(ソファは引越しの少し前に捨てました…)料理家の植松良枝さんとIDEEのVMDの小林夕里子さんをはじめ「ダイニング」中心の暮らしぶりが沢山載っていて、ウットリ溜め息を漏らしながら隅々まで眺めました♡

「食」を仕事にした、私の選択

今回のLEEパーティーで素晴らしいケータリングビュッフェを披露してくださった“SHUNNO KITCHEN”二部桜子さんや、元100人隊で4児の母でもあるスチームマフィンの杉本霞さん、食の専門家と家庭を繋ぐマッチングサービスを提供する会社「シェアダイン」代表の井出有希さん、そして現役100人隊からはTB elionさんや、007のまいたけさんのインタビュー記事も!

ドラマは「脚本家」で見るともっとおもしろい/
神保町リーマン日記vol.66「男たちがハマッたドラマと脚本家」

脚本家で選ぶという視点が私にはありませんでしたが、たとえば安達奈緒子さんの『失恋ショコラティエ』、『透明なゆりかご』ドラマ…確かに好きだった!井上由美子さんの『白い巨塔』(唐沢さんver.)、『昼顔』、古沢良太さんの『リーガル・ハイ』、宮藤官九郎さんの『流星の絆』…好きで観ていたドラマがちょいちょい出て来て楽しい!森下佳子さん脚本の『とんび』は大好きで未だにTVのHDの中に全話録画を残したままです。神保町リーマン日記でも出て来る懐かしいドラマの数々よ…!!『家政婦のミタ』が2011年…もう8年前だなんて信じられません笑。『長男の嫁』とか『聖者の行進』に『金田一少年の事件簿』も10年以上前の話って…(驚)。そして、こうして読んでみるとまだまだ観られてない名ドラマが色々あるなぁと気付きました。

今月号も読み応えたっぷり、暮らしやファッション、美容のヒント、日々のモヤモヤが解決したり、気付きを頂けた号でした。

送料無料☆→LEE2019年12月号

⋆⸜ᵀᴴᴬᴺᴷ ᵞᴼᵁ⸝⋆ 067 はな

神奈川県 無職・専業主婦

LEE100人隊トップブロガー

36歳/夫・息子(8歳・6歳)・娘(3歳)/手づくり部・料理部・美容部/インテリア、ファッションなどLEEで勉強中です。両実家とも遠方で3人の子育てに日々奮闘。2020年春には末っ子が幼稚園入園。9年ぶりの「未就園児のいない生活」スタートです。ドタバタと過ぎる生活の中でも、小さな幸せを見つけながら成長して行きたいです。
Instagram:@hana___sawlikee

この記事へのコメント (0)

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

今日のお買い物をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン