古川はる香

「ひとりっ子でもいいですか?」ー「ひとりっ子」親、子育てについて考えるー

「ひとりっ子でもいいですか?」その答えが見つからない

2018年1月現在。わが家に子どもは5歳の娘ひとり。娘はいわゆる「ひとりっ子」です。

「2人目」を考えなかったわけではなく、娘が産まれてからことあるごとに「もうひとり産む? 育てる?」を考えては「無理だなあ」を繰り返してきました。その結果の今日なのです。

そして、今日にいたるまで「うちはひとりっ子でよし!」と腹が決まったことはないし、いまだに「ひとりっ子でもいいのかな? きょうだいいないとダメかな?」と揺れてばかり。

子どもを何人育てるかなんて、その家庭ごとに最適解はちがうし、そもそも思った通りになるかどうかもわからない。本人が、夫婦が、「うちはこれでよし!」と思えばそれでいいのでしょう。

それでも、自分以外の誰かに「それでOKですよ!」と言われたくて、こう尋ねたい気分になってしまうんです。

「ひとりっ子でもいいですか?」

 

親の注目を一身に集められるのは、「ひとりっ子」の特典かもしれません。

 

「2人目」の壁を超えられなかった理由

「2人目」を決心できなかった最大の理由は、総じていえば「今なら!」の決心が固まらなかったから。うちの場合、何が「今なら!」のネックになっていたかというと、

① 育児にいっぱいいっぱいだった

もともと体力に自信がないのに加え、娘を産んだ時点で36歳。惰眠をむさぼるのが趣味といっても差し支えない私に襲い掛かる産後の細切れ睡眠! その後も魔のイヤイヤ期! なかなか進まないトイレトレーニング! 終わらないイヤイヤ期からの反抗期! と、次々に襲い来る子育てのヤマ場を乗り越えるので精いっぱいだったこの5年……。

「このタイミングでつわりが起きたら!? 切迫早産で絶対安静になったら?」と考えると、周囲からの援助を含めてあまりのリソース不足。二の足を踏んでしまったのです。

② 仕事にいっぱいいっぱいだった

産後に仕事復帰してから1,2年は、娘の発熱などで保育園を休むことも多く、私自身が体調を崩すのもしょっちゅう。思ったように仕事時間も確保できず、あきらめた仕事も。その反動もあってか、娘が2歳を過ぎて体力がついてからは、積極的に仕事を開拓していったところ、ありがたいことに反応もいただけて。ようやく自分なりに納得できるペースで走り始めたキャリアを、また「妊娠・出産」でゆるめてしまうことに迷いがありました。

 

そんなこんなで「あと1年経ったら」「あと半年過ぎたら」と機会をうかがっているうちに、私が40代に突入。いよいよ「2人目産むのか?」問題の決断リミットが見えてしまったのです。

娘とは思い立って2人旅に出ることも。そんな「ひとりっ子」ならではの気軽さをもう少し満喫したいという気持ちもありました。

 

「きょうだい」はいなきゃダメですか?

そもそも私が「ひとりっ子ではまずい!」と感じてしまう理由は何なのか。

私自身が「きょうだいがいてよかった」と思っているのが大きいかもしれません。

私は7歳までひとりっ子でした。幼稚園に入ってから「友達にはきょうだいがいる!」ということに気づき、「私もきょうだいがほしい!」と強く思うようになったのです。そうして妹が産まれたときの感動といったら、娘が産まれたときと並ぶものでした。

娘も当時の私と同じように「きょうだいがいたら」と思うことがあるのでしょう。実際、保育園のクラスメイトなどお友達に妹や弟が産まれると「うちにも赤ちゃんいたらいいな……」とつぶやいています。そしてそのたびに心が痛みます。

実際、大人になるまでひとりっ子だったとしても、「きょうだいがほしい」という思いは消えないのでしょうか。そして「きょうだい」に代わる存在に出会うことはできないのでしょうか。

身近なひとりっ子の友達に取材してみました。

 

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

古川はる香

ライター

Haruka Furukawa

1976年大阪府生まれ。雑誌・Web等でライフスタイル、カルチャー、インタビュー記事を執筆。現在のライフテーマは保活と地域のネットワークづくり。家族は夫と5歳の娘。

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン