川口ゆかり

持ち物からスキー場まで。子連れスキーを120%楽しむ方法

こんにちは。

川口ゆかりです。

 

キャンプシーズンが終わり、いよいよスキーシーズンが到来!

オープンと共に繰り出して、新春から週末のお出かけは年中の息子と小1の娘を連れてスキー三昧という雪山生活を送っています。

そこで、今回は子連れスキーを楽しむコツ(持ち物、スキー場、宿泊先含め)をQ&A形式で詳しくお伝えしたいと思います。今年子連れスキーデビューしたいと思っている方、必見です!!

 

 

Q1.子連れスキー、いつから始めるのが正解?

我が家の場合は息子が年少、娘が年長の時から始めました。それまでは、スキー場にある雪遊びスペースでソリを楽しんでいる程度。最短で年少くらいからではないでしょうか??

ママ友に2歳のお子さんがいるのですが、さすがにまだ滑れないのでスキー場に隣接している託児所にあずけていました(2時間で¥2160)託児所によっては、おむつが取れた3~5歳まで預かり可能というところも。いずれも乳幼児を預ける場合は、事前に予約が必要です。

 

 

Q.スキースクールに入れるべき?

これ、よく聞かれるのですが、ご両親のうちどちらかが滑れる(初心者でなくある程度滑れるレベル)であればスキースクールに入れなくても、根気よく教えてあげれば滑れるようになりますよ。

ただ、感情的になってしまいますし、子供も甘えてしまいかなり時間がかかるのでスキー場がやっているキッズスクールに入れるのが一番早く滑れるようになるかと。

我が家の場合は、娘が年長の時に1回だけスキースクールに入れて(数時間)、息子は主人が教えて、その日のうちにスイスイ滑れるようになりました。子供って吸収力が早いですからね~~~。

Q3.子連れスキー必の持ち物とは?

子連れ旅って、必然的に荷物が多くなりますよね。冬となれば、なおさら。だからつい軽装で出かけたくなるのですが、それはNG!子供って寒いと逆にぐずって、せっかくの旅が台無しになってしまうので普段より防寒グッズは万全にしてくださいね。

子供たちのスキーウエアはノースフェイス。板やストックは、知り合いからお下がりを頂いたり、中古を購入したもの。すぐ大きくなってしまうので板や靴は中古で十分かと!

 

我が家の場合はUNIQLOの超極暖インナー、フリースなどの長袖その上にスキー専用のウエアを着せています。下半身も寒くないようにUNIQLOのあったかレギンス+厚手のスキー用ソックスで。必ず、靴下やウエアはスキー用のものを用意してください。

*防水機能があるパンツや通常の靴下では寒さはしのげません!つま先が寒いとクレームがくるときもあるので、靴下用のホッカイロも常備。

またリフトに乗ると、思いのほか風が強いため、ネックウォーマーや帽子も必。陽射しが強いのでゴーグル、日焼け止めも欠かせませんよ。

 

<スキーに必要な持ち物:子供>

スキーウエア上下(4歳くらいまではつなぎタイプでも構いませんが、トイレが

面倒なので上下わかれたものが結局、長く使えておすすめです)

あったかインナー、フリースやスエットなど

スキー用ソックス、手袋、ネックウォーマー

●ゴーグル(サングラスだと転んだ時、危ないので)

日焼け止め、リップ(乾燥用に)

スキーの靴や板(レンタルでも構いませんが1回¥5000前後するかと。

今後続けるようであればBOOKOFFなどで中古を購入してもいいかも)

スノーブーツ

長靴ではなく、移動はスノーブーツで。あったかくてスタイリッシュなノースフェイス率が高かったです。

 

 

親は上記プラス、両手があくリュックにティッシュや絆創膏、カメラなど。またスキー場はほとんどカードは使えないので、現金も多めに。

 

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

Writer Profile

川口ゆかり

ライター

Yukari Kawaguchi

1977年生まれ。LEEでは私服コーデや収納企画など、登場するたび話題に。2児の母としてトレンドをプチプラと賢くMIXしたスタイルが大好評。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン