゛無神経な一言”、゛余計なお世話”気まずくならない言い返し方

言い返し方の気まずくならない法則を覚えて、コミュニケーション上手に

思わずムッとしてしまう一言に、うまく言い返すには?
さまざまなシチュエーションを例にして、気まずさを察知されないような切り返し方を、話し方講師の西任暁子さんに教わりました。
気まずくならない法則を覚えておけば、コミュニケーションがよりスムーズになるはず!帰省シーズンに緊急掲載です!

イラストレーション/熊野友紀子 取材・原文/野々山 幸

この記事は2017年8/7発売LEE9月号『気まずくならない言い返し方』からの掲載全4回の最終回です。


もっと本音を伝えられるようになる
「言い返し方」レッスン

大切な人が相手の場合はより気遣いが必要。ちょっと大人な気持ちで対応することで、関係が丸く収まるはず!

ムッとする会話例
私が作った料理に「今日は、おいしい」「この間の魚料理よりは、おいしい」という言い方をする夫。前に作った料理と比較される感じに腹が立つし、普通においしいと言えばいいのに!!

【言い返し方◯例】
「今日は、とか、魚よりは、と聞くとなんだかがっかりした気持ちになるんだ。毎日おいしいものを食べてほしいと思ってるから、この前のごはんはおいしくなかったのかなって心配になるんだよね。今の話聞いてどう思う?」

相手が夫であれば、言葉を飲み込むのではなく本音を伝えて。本音を伝えたいときは、相手がより受け取りやすくなるテクニック「OFNR」が有効です。まずは今の状況を観察して客観的に伝えて(Observation)、こちらの感情を話す(Feeling)。自分はどうしてほしいかを伝えて(Needs)、最後に具体的なお願い(Request)を。この場合は、最後に夫に話を振って会話のバトンを渡すことが大切。夫にも素直な気持ちを話してもらうことで、関係がより深まります。

気まずくならない法則1
自分の本音を伝えるときのテクニックは「OFNR」で。

Observation 【観察】「今日は、とか、魚よりは、と聞くと」
Feeling 【感情】 「がっかりする」「心配になる」
Needs 【ニーズ】  「おいしいものを食べてほしいと思ってるから」
Request 【リクエスト】「あなたは今の話を聞いてどう思う?」

 

ムッとする会話例
実の姉には子供が2人います。うちは1人ですが、事あるごとに「1人だからラクでしょ?」「私は2人いるのに働いてるよ。1人なんだからもうちょっと部屋をきれいにできるんじゃない?」などと、2人子供がいるほうが忙しくて偉いかのような発言。
聞くたびにイライラを抑えられません!

【言い返し方◯ 例】
「子供2人の育児は大変なんだね」

母親、姉妹などの近しい関係のコミュニケーションは、実は最も難しいもの。不満の歴史があるので、こじれてしまいがちです。この例も、これまでにも妹に思うところがあるからこそ、"不満の噴火口"となっているだけ。一度、妹が姉の気持ちをわかってあげる立場にまわると関係が変わるかもしれません。姉は育児が大変でつらくて妹に当たっているので、腹を立てずに「大変なんだね」「頑張ってるね」などと声をかけてみましょう。

気まずくならない法則2
これまでの歴史がある分、関係がこじれがち。受け取る側にまわることが改善策に。

暮らしのヒント/生き方ナビ 最新の記事

生き方ナビをもっと見る

Writer Profile

LEE編集部

LEE Editors

LEE編集部スタッフが撮影裏話や展示会で見たもの、プライベートで気になったことなどを日々発信!

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン