゛無神経な一言”、゛余計なお世話”気まずくならない言い返し方

まだまだある! 関係を悪化させない上手な言い返し方

無神経な一言や余計なお世話など、日常のさまざまな場面でのムッとする発言に対して、いかに上手に言い返すかを連載で紹介しています。
前回に引き続き、今回もタイプ別に、切り返し方を解説していきます。覚えて損なし!

イラストレーション/熊野友紀子 取材・原文/野々山 幸

※この記事は2017年8/7発売LEE9月号『気まずくならない言い返し方』からの掲載全4回の3回めです。


自慢系タイプ
●タイプ分析
子供や家のことなど、自分語りが激しい自慢系。聞いてほしいのはもちろん、その出来事や自分の頑張りを褒めてほしい、認めてほしい気持ちが強い場合も。
●対処法
褒めてほしい、認めてほしいという気持ちが明確なので、話を受け取って、プラスで褒めの一言を。一度褒めれば心が満たされ、自慢が終わることも多いはずです。

 

ムッとする会話例 その1

子供が私立の小学校に合格したママ友。
「受験なんて大変なだけだから、しないほうがいいよ〜」と言いつつ、ものすごい笑顔。うれしいんだろうけど、こっちはどう返せばいいものか……。

【言い返し方◯例】
「お子さんも大変だったでしょうけど、ママのサポートは一段と大変だったでしょうね」

子供ばかりが褒められて、自分が認められないことに不満が募って自慢を繰り返しているのかも。ママへのねぎらいの言葉をかけてみるのはどうでしょうか? それ以上は自慢も続かず、「そうなのよ〜」でこの話題は終わるはずです。

 

ムッとする会話例 その2

うちは北向き、ご近所さんは南向きの家に住んでいます。
遊びに来たとき「北向きの家ってなんか暗くて寒いね」と言うので唖然。北向きのわが家のほうが安いから自慢なんだろうけど、この言い方は腹が立つ!

【言い返し方◯例】
「いいな〜。うちも南向きがよかったけどなかなか条件が合わなくて。もし迷惑じゃなかったら遊びに行かせてね」

高い金額で購入した南向きの家が自慢で、褒めてほしいご近所さん。なかなかその気持ちが満たされないことが、失礼な発言につながっている可能性も。悔しい気持ちをそのまま素直に伝えてみると、繰り返し自慢を聞かされることもなくなります。

暮らしのヒント/生き方ナビ 最新の記事

生き方ナビをもっと見る

Writer Profile

LEE編集部

LEE Editors

LEE編集部スタッフが撮影裏話や展示会で見たもの、プライベートで気になったことなどを日々発信!

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン