相馬由子

里山の自然と小さな生き物の宝庫「北本自然観察公園」で公園ハイキング

私が住む埼玉県内にはいくつかの大きな公園がありますが、その1つが「北本自然観察公園」。公園といっても、もともとの自然がそのまま残されていて、自然の中の植物や生き物を観察したり、土の道を歩いたりできるのです。

また、その名の通り、自然観察を行うことができ、定期的に自然観察会なども行われています。この公園に週末に遊びに行ってきました。

1周約2km、広さは約33ヘクタールの公園

北本自然観察公園は、公園内の遊歩道を大回りに歩くと1周2kmほどあるそうです。公園全体の地図で見るとこんな感じ。かなり広くて池や沼地などもあります。

門から公園に入ってすぐに「自然学習センター」という建物があります。自然に関する本や情報誌を読むことができたり、季節ごとの企画展示が行われていたりします。自然観察会などのイベントも、ここで申し込みをするそう。

この時は、おかいこの展示が開催されていました。おかいこさんたちが、美味しそうに桑の葉を食べていましたよ。初めておかいこを見る娘は怖がっていました(笑)。うん、確かにイモムシっぽいですものね。おかいこのアップの写真を載せるのはやめておきます。

園内の植物は、解説がついていてわかりやすい

自然を観察することが目的のこの公園。園内の植物には、全部ではないようですが、名前や解説が書かれたプレートが付けられていて、植物の知識を深めることができます。

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

Writer Profile

相馬由子

ライター

Yuko Soma

1976年、埼玉県生まれ。夫と4歳の娘との3人暮らし。編集プロダクション、広告系出版社を経て独立。ウェブ、雑誌、書籍などで編集、執筆を手がける。最近では、子育て、アウトドア、旅、食などのテーマを担当することが多い。合同会社ディライトフル代表。

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る