スーザン史子

「タント」と「ムーヴ」のいいとこ取り! 個性派ミニバス、ダイハツ「ムーヴ キャンバス」登場

両側スライドドアを持った軽自動車、子育てママに人気ですよね。でも、もっと自分らしいクルマはないかな? そう思っている人も多いのでは?
今回はそんなママたちにピッタリのクルマ、ダイハツから新しく登場した、「ムーヴ キャンバス」をご紹介します。
見てください、このオシャレなツートーンカラーのクルマを! 私、実車を前にして、おもわず「かわいい〜!」と声をあげてしまいましたよ。

スーザンさん用画像move_canbus_160907004
“キャンバス”という名前には、“CANVAS(キャンバス)”という言葉に掛けて「CAN=何でもできる」と「BUS=ミニバス」を繋げ、たくさんのできることで、夢を描けるクルマ、という意味が込められているんですね。
このクルマ、ちょっと変わっているのが、「ムーヴ」シリーズでありながら、ベースは「タント」であるというところ。「タント」ならではの室内の広さや使い勝手の良さにプラスして、「ムーヴ」と同等の車高の高さを持つ、2台のいいとこ取りモデルなんです。

一番の魅力は、このクラス初となる、両側スライドドアを採用した、子育てママにも嬉しいパッケージング。フロアがフラットなうえに、後席はタントと同様、24cmもシートがスライドするので、足もと広々。
タントより9.5cm天井が低いものの、ガラスエリアが大きく、タントの開放感が損なわれていないうえに、サンバイザーへ手を伸ばすのもムリなくできて、ちょうどいい高さなんですよ。

ありそうでなかったスゴ技収納「置きラクボックス」

move_canbus_160907035

なかでも私がいいなと思ったのは、これまでありそうでなかった、国産車初となる後席シート下収納の「置きラクボックス」です。後席シート下収納を引き出した状態では見せたくないものをしまっておける、ケースモードに。中敷を立ち上げれば、お買い物袋など倒れやすいものを安定して積める、バスケットモードになります。食材など、直接フロアに置くのをためらわれる場合などにも便利なんですよ。
ダイハツ初となる「パノラマモニター」を装備しているのもいいですよね。クルマを真上からみた状態の表示がモニターで確認できるので、駐車も安心です。
燃費もなかなかのもの。ダイハツのe:Sテクノロジーにより、28.6km/リッターの低燃費も実現しています。
ボディカラーは、オシャレなツートーンとモノトーンとの全17色。女子好みの色が揃ってますよ〜。
ぜひ、お店で実車にふれてみてくださいね!

詳しくはこちらへ

暮らしのヒント/車 最新の記事

車をもっと見る

Writer Profile

スーザン史子

カージャーナリスト

Fumiko Susan

1974年、神奈川県生まれ。夫・息子6歳。車に関する情報のほか、興味のある社会貢献活動のレポート等もお届けします。趣味は山登り、読書。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン