結婚10年"夫婦のルール"

二人で居心地よくいるために・・・平井かずみさんインタビュー

最初からうまくいく夫婦なんていない。時にはぶつかって、仲直りして、いつの間にか二人の間にルールができて、気がつけば10年。これからも手をつないで、一緒に歩いていくために。
結婚10年目を迎えた、フラワースタイリスト平井かずみさんに、夫婦のルールについてインタビュー!そこには二人の愛と知恵がたくさん詰まっていました。

撮影/露木聡子 取材・原文/石川敦子
※この記事は2016年12月7日発売LEE1月号の再掲載です。


夫婦それぞれが楽しければ、一緒にいても楽しい。「今」が楽しければ、きっと来年も一緒にいると思います

―― 会社の先輩と25歳で結婚、専業主婦に。それから20年。夫婦の形は思ってもみなかった方向に変化していきました。夫が稼ぎ頭だった時代。平井さんの花の仕事が発展していった時代。夫が会社を辞め、平井さんが家計を支えた時代も。

「泣きながら『もっと働いてもいいですか?』と夫に許可を求めていた頃もありましたし、家事がちゃんとできなくて『ごめんね~、ごめんね~』ばかり言っていたことも。

でも『ごめんね』が口グセになってしまうと、言うほうは罪悪感で萎縮してしまうし、言われるほうも実は居心地がよくない。それに気づいてからは『お茶碗洗わせちゃってごめんね』ではなく『洗ってくれてありがとう!』に言い換えるようにしました」

―― そして二人で「café イカニカ」をオープンしたのが’09年。

「二人とも慣れないことだらけ。よくケンカになりました。

私はイカニカで花の教室をしていますが、カフェは基本的に彼の運営。でも最初は私も店に立っていたので、もっとこうしたらいいんじゃないか、ああしたらどうだろう、と探るような目で見ていたんです。緊張でピリピリしていましたね。

口だけあれこれ提案するけど、実際にやるのは彼。彼にしてみれば、『そんなにいろいろ言われても、できないよ』と。そこでいろいろぶつかって……険悪な状態になったこともありました。

そのとき、自分にもっとできることはなかったかな、と考えたんです。

夫につらくあたられるとしんどい。優しくしてくれたらいいのに、と思う。でもそれなら自分がもっと優しくしよう、と。

わざと大げさに『行ってらっしゃ~い!』と挨拶したり、“あなたのこと、気にかけてますよ”という気持ちを伝えるために、ささいなことでも話しかけたり。

そうしたら、不思議ですね。優しい“フリ”をしているうちに、ちゃんと本当に優しくなれたんです。夫の態度も変わりました。相手のせいにしていても、何も変わらない。結局、自分の対処ひとつなんですね」

暮らしのヒント/生き方ナビ 最新の記事

生き方ナビをもっと見る

Writer Profile

LEE編集部

LEE Editors

LEE編集部スタッフが撮影裏話や展示会で見たもの、プライベートで気になったことなどを日々発信!

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン