ドラマ化で話題の心理学で迷い解消!

ドラマ化で話題『嫌われる勇気』から学ぶ、アドラー的子育て術〔第3回〕

現在放送中のTVドラマ『嫌われる勇気』(フジテレビ系列・毎週木曜22時〜)。その原案となった書籍には今の日本の常識とは逆なアドラーの教えが描かれています。そこで同書の共著者でアドラー心理学の研究者である岸見一郎先生に、アドラー的子育て術のインタビューをした第三弾。

親は平等に子供を愛することはできない!? 日本的育児にがんじがらめになっている人に響く、本当に対等な親子関係を教えてもらいます。

夫婦間で子育ての考えが違う。どちらの親を選ぶかは子供次第

津島 最近、ママ友からよく聞くのは「私は子供に好きな将来を選択してほしいのに、夫は『どこの学校にいれて、将来は…』」と、夫婦間で子育ての考えが違うこと。こういう場合、夫の考えを改めさせた方がいいのでしょうか?

岸見 改めさせない方がいいですね。親子関係は三角形です。母の接点は、子供と父です。父と子供の接点に母は入れないので、父が子供とどう関わるかは基本的にタッチできまません。

岸見 だから夫婦での考えが違っていても、原則的に相手に「変えなさい」とは言えません。夫婦の考えが一致している方が望ましいですが、それもなかなか難しい。

自分を対等に見ている母か、そうではない父か。どちらの親を選ぶかは、子供です。母親ができることは子供との関係をよくすること。その二人の関係に夫が興味をもったら、あなたの考え方を伝えればいいのです。

津島 母の考えを父に押し付けないということですね。

岸見 母親が子供と対等に接することができていない時点で、父親に「間違っている」と言ったら、夫婦関係が悪くなりますしね。

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

津島千佳

ライター

Tica Tsushima

1981年香川県生まれ。主にファッションやライフスタイル、インタビュー分野で活動中。夫婦揃って8月1日生まれ。‘15年生まれの息子は空気を読まず8月2日に誕生。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン