産前・産後の暮らしの些細な変化

女の子ママにありがちな「些細な変化」3選

子供が0歳の頃はさほど感じない性差も、年齢が上がるにつれ、徐々に感じるケースが多いようです。
前回男の子ママにありがちな変化をお届けしたこのシリーズ、今回は女の子ママ編!
娘を持つ母が暮らしの中で経験する些細な変化TOP3をお届けします。

第1位 自分または女の性質について考えさせられる

イラストレーション/烏山ミライ

女の子ママの些細な変化、第1位は「自分と同じ女、同性だからこそ、その性質について日々考えさせられる」という意見。
もちろん個人差はあるのですが、女の子は男の子に比べて大人びてくるのが早い場合が多く、「娘は幼児で既に大人顔負けの立ち回り、鋭い指摘がしてくる……」といった証言が多々。

「何か欲しいものがあると、私ではなく夫のもとへ。それはそれはかわいい声とスマイルで『パパ、これ欲しいの!』とせがむ長女。おねだり下手な私は、『甘え上手な女子、いいよなぁ』と羨望のまなざしで娘を見つめています。3歳で既に先輩の風格(苦笑)」

「4歳の娘は、私が娘用のグミを『1個ちょうだい!』とパクッと食べた瞬間からフリーズ。
黙って座ったまま30分経過後、しくしくと泣きながら『ママがグミ食べた~』と大号泣!
夫曰く『だんまりで怒る姿がおまえ(私)にそっくりや!』と。
確かに、私も怒ると2~3日口をきかないことが……。
4歳にして、私、そして女のめんどくさい部分を持っている娘。未来の彼氏、旦那さんは手を焼きそうです(笑)」

「7歳の長男は手抜き料理も黙って食べるが、5歳の長女は『今日お皿少ないね』、『オムライス失敗しちゃったの?』などと冷静な突っ込みをいれてきます。
そのほか『ママ、片付けしたらお菓子あげるって言ったのに、今日はくれないの?』など、こちらが整合性のないことを言うとすぐに指摘してくる。
ちょっと小賢しいその性格……嫌いではないので、娘の前ではしゃんとしようと思う毎日です(笑)」

娘の言動、行動に対して、「娘のめんどくさい性格、誰かに似てると思ったら私にそっくりだった」、「こういうタイプの女子いるなぁ」などと自分や女性の性質について思いをめぐらすきっかけに。
ませている、というとマイナスな印象を抱きがちですが、「頼りになる」「同性なので、対応もしやすく育てやすい」と好意的な意見が大半。
ママと娘の女子会開催が実現するのも、そう遠くない話かもしれません。

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

高見澤恵美

ライター

Emi Takamizawa

1978年埼玉県生まれ。女性誌を中心に女性の性質や人間関係の悩みに迫り、有名無名千人超を取材。個人的に気になるのは産後の健康状態。家族は夫と2歳の息子。

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る