「夏休みの自由研究」どうする? 頑張りすぎない、わが家の場合は・・・・・・

夏休みが始まりました。
子どもたちにとってはワクワクの夏休みですが、母たちにとっては、毎日の昼食のこと、宿題や自由研究のことなど、考えないといけないことがたくさんありますよね。
今回は毎年頭を悩ませる「自由研究」について、わが家がどう乗り越えたのかを紹介したいと思います。
全然たいしたことはやっていないのですが、悩んでいる方のヒントになったり、「そんなことでいいのか」と心が軽くなっていただけたら嬉しいです。

 

「無理をせずに、自由でいい」という先生の言葉に救われました

わが家は、夫がレコード会社に勤めているのですが、夏になるとフェスが続くため、夏休みはほぼ夫がいないのです。(たまにいる日もあるのですが、連日の出張でぐったりと疲れきっていることが多く、あまり戦力にはならないのです・・・)
さらに、昨年までは私も月刊誌の編集の仕事をしていたので、夏場はお盆進行もあり、仕事がハードでした。夏は生活するだけで精一杯で、「私が倒れないように過ごす」のが目標です。
そんな事情もあり、小学校に入学して、夏休みの自由研究があると知ったときは、「自由研究なんて、なくなってくれたらいいのに・・・」と思っていました。

でも、1年生の夏休みに入る前の保護者会で、当時の副校長先生が、こう言ってくださったのです。

「自由研究はそんなに無理して頑張らなくていいんですよ。
『自由』なんですから、子どもが興味を持ったことでいいんです。
低学年はまだ子どもだけではできないと思いますから、
親子で一緒に考えたり、一緒にやってみることに意味があるんです。
だから立派な作品を作ったり、特別なことをする必要は全然ないんですよ」

この言葉で、少し気が楽になりました。無理しなくていいんだ!できる範囲でやろう!と。

 

1年生は、夕食作りのついでに「ドレッシング作り」

副校長先生の言葉を聞いて、無理をしないと心に誓ったのですが、なんと、夫が「自由研究に息子とヘッドフォンを作りたい」と言い出しました。そんなに頑張らなくてもいいのに・・・と思いましたが、夫が積極的なのは珍しいので、自由研究担当をお願いすることにしました。
夫の休日に東急ハンズに材料を買いに行き、二人で張り切って作っていて、なんとも微笑ましい光景でした。

でも、完成したはずのヘッドフォンの音が聞こえないのです! 「なんか部品がたりないのか、やり方を間違えたのか・・・」と焦る夫。
材料を買い直し、何度も挑戦したものの音は聞こえず、夏休みも残り3日というタイミングで、「もう時間的に無理。悪いけれど、ほかのに変更して」と言って、夫は出張に出かけてしまいました。

そんなわけで、タイムリミットは残り3日、1才のまだ手がかかる下の子もいて、月末で仕事も忙しいタイミングで、突然、自由研究担当が私に回ってきてしまったのです。「信じられない!」と夫を恨みたくなりましたが、恨んでいる時間もなかったので、通勤時間に必死に考え、普段の生活の中でできる「料理の手伝い」を自由研究にすることにしました。
ネットで「自由研究 料理」で検索し、たくさん出てきた情報の中から、「ドレッシング作り」に決定。ドレッシングの簡単レシピを数種類ピックアップしておき、帰宅後、息子とスーパーへ。
スーパーで材料の調味料や野菜を一人で買うところから体験させ、その様子をスマホで撮影(スーパーのスタッフさんにも事情を話し、撮らせてもらいました)。

スーパーから帰宅後、娘はおんぶし、ドレッシング&サラダ作りをスタート。調味料を単体で味見したり、分量を計量カップや軽量スプーンで計ったり、野菜を洗って切ったり、いろいろ初めての体験をしながら、シーザーサラダ、中華風春雨サラダ、ごまドレッシングの豚しゃぶサラダを作って試食をしました。ちなみに、その日の夕食はサラダ3種と納豆ごはんのみです(そのために、ごまドレッシングは豚しゃぶサラダにしました)。

翌日、仕事の昼休み中にコンビニで写真をプリントし、文房具屋で画用紙やペンを購入。帰宅後、息子にドレッシングの材料やレシピ、完成写真、作っているときに感じたことや試食した感想などをまとめさせて、ホチキスで止めて冊子風にして完成。
本当にギリギリセーフで、「夫め~~~!」と思いましたが、今となっては一生忘れられない、いい思い出です(笑)。買い物している様子、材料を並べたところ、野菜を切っているところ、完成写真などを撮影。

メール募集

「暮らしのヒント」では、LEEで活躍中のライターが、
日々の暮らしに役立つ記事をお届け中。
「○○さんの××の記事がよかった!」などご意見、ご感想や「こんなことで悩んでます」「あのことが知りたい!」など、読みたいテーマのリクエストも大歓迎です!

メールを送る

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

渡辺有紀子

編集・ライター

Yukiko Watanabe

1979年、新潟県出身。妊娠・出産・育児の雑誌編集を16年間経験。家族はレコード会社勤務の夫、9歳の息子、4歳の娘。ほぼワンオペで仕事と育児の両立に奮闘するも、娘の便秘通院をきっかけに退社し、フリーに。趣味はクラシックバレエ。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン