上紙夏花

目指せ!ミニマリスト!?賢い買い物はパーソナルカラー診断から

似合う色を知っていればお得!?

みなさんは自分に似合う色を知っていますか?いわゆる、〝パーソナルカラー〟ですね。私は以前から、パーソナルカラー診断が気になりつつも、なぜかトライしていませんでした。興味はあるけれど、「似合う色がわかるとどんな風にお得なんだろう?」とつい損得で考えてしまったりして……。でも、今回、納得できる〝お得!〟を発見してしまったのです!

 

パーソナルカラーアナリストの山崎真澄さん。普段は関西を中心に活動しているそうですが、東京では月に数日ほどシェアサロンの『GrandStorySalon』を利用しているのだとか。このシェアサロンは15分単位で予約ができて、直前のキャンセルも可能なためお客様の要望にフレキシブルに対応できるため、重宝しているそうです。

 

診断をしてくれたのは、『joie beaute』の山崎真澄さん。「似合う色を知っていれば、無駄なお買い物がなくなりますよ!たとえば、タンスの肥やしになっている洋服、結局使わなかったリップやアイシャドー……経験ありませんか?」と山崎さんに言われて、パーソナルカラーを知る必然性を感じたのです。実は、私のクローゼットには、お気に入りなのになかなか着ないという洋服がいつくもありまして……。仕事用と普段着がかけ離れているということもあるのですが、クローゼットにしまったままというのは、洋服にとっても私にとっても幸せなことではないですよね。しっかり似合う色を知って、風通しのいい、クローゼットにしたいと思います!目指せ!ミニマリスト。

 

まずは大きなグループ分けから。季節に例えられた色のグループ、Spring・Summer・Autumn・Winterの4つのどれに似合う色が多いのかを見ていきます。カラードレープと呼ばれる160枚の布を、次々に当てて似合う色を探すのですが、当てた瞬間に判断かつくのが面白い!

 

肌の色、髪や瞳の色で似合う色が決まってくるのだそうです。私の場合は、肌がイエローベースのオークル系。4つのグループでいうと、Autumnでした。この中からベストカラーを診断してもらいます。

 

 

胸元の色は肌色の明るさを変える

メイクカラーはのせないまま、ドレープを当てていく方が、よりベストカラーがわかるようです。

ベストカラーはこの写真の上側にある、トマトレッドでした。2番目が下の朱赤。確かに肌が明るく血色よく見える気がします。

 

写真で見るとわかりづらいのですが、こちらの上側のドレープはブルーベースの赤で、苦手(似合わない)色。肉眼で見ると、顔の下半分に影ができて顔色が悪そうな感じで、自分でも似合わないと感じました。

 

 

こちらはピンク系。Autumnの中にあったサーモンピンク(首元)は山崎さんも褒めてくれました。その下のコーラルピンクはSpringに分類される色です。Springにも似合う色があったのは、発見です!

 

暮らしのヒント/ひとり時間 最新の記事

ひとり時間をもっと見る

FASHIONをもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン