「小1の壁、小4の壁」わが家の場合。鍵、携帯などの留守番対策は?

働くママにとって、心配な「小1の壁」そして「小4の壁」。仕事をしている皆さんは、どのように対策をしていますか?

私が住んでいる地域は、学童が小学校3年生まで。
息子は今小学校4年生なので、今年の春から、学童のない生活を送っています。

私の勤務時間の関係で、息子は小学校1年生から「鍵っ子」でしたが、それでも、これまで平日手厚くサポートしてくれていた学童に通えなくなるのは不安しかあませんでした。

今回は、わが家の小1と小4の壁についての対策をご紹介したいと思います。

子どもに鍵と携帯を持たせる

一人でお留守番をさせるにあたり、息子に鍵とキッズ携帯を持たせました。
鍵は合鍵を作り、ランドセルにつけたまま使えるよう子ども用の伸びるキーチェーンを購入。最初はどこに売っているのかわからずネットで探して購入しましたが、最近は文房具屋さんなどでもよく見ます。長く使っていると劣化して、鍵が取れやすくなってしまうので、1年に1回くらいのペースで買い替えています。
キッズ携帯は小1のころは通話専門でしたが、学童がなくなってからは「今帰ってきたよ」「これから児童館行くね」「公園行ってもいい?」などと行動報告がメインに。「夜ごはんはうどんにして!」「本買ってくれた?」などの催促メールも多いです(笑)。
また、携帯をなくしたときのために、私や夫の連絡先を書いたメモなどもランドセルの内側のポケットに入れています。

 

お留守番の際は手紙を置く

帰宅後の息子が少しでも不安にならないように、以前はノートに交換日記のように手紙を書いていました。「おやつ食べて、宿題しておいてね」「雨で濡れてない?ソファの上にタオルと着替えがあるよ」「困ったことがあったら電話してね」などと連絡事項がメインですが、毎朝仕事に行く前に書いて用意しておきました。
ここ最近は、ノートではなく、100円ショップで購入した小さめのホワイトボードを使っています。忙しいときは部分的に書き換えて、使いまわせるので便利です。

メール募集

「暮らしのヒント」では、LEEで活躍中のライターが、
日々の暮らしに役立つ記事をお届け中。
「○○さんの××の記事がよかった!」などご意見、ご感想や「こんなことで悩んでます」「あのことが知りたい!」など、読みたいテーマのリクエストも大歓迎です!

メールを送る

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

渡辺有紀子

編集・ライター

Yukiko Watanabe

1979年、新潟県出身。妊娠・出産・育児の雑誌編集を16年間経験。家族はレコード会社勤務の夫、9歳の息子、4歳の娘。ほぼワンオペで仕事と育児の両立に奮闘するも、娘の便秘通院をきっかけに退社し、フリーに。趣味はクラシックバレエ。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン