知っておきたい「子育て支援」

【助産師さんによる産後ケア体験記】“産後”だけじゃない!女性の心と身体、支えるサポートとは?【後編】

妊娠・出産・育児に向き合うお母さんたちに寄り添い、様々な形で支えてくださる「助産師」の皆さん。
ひどい「乳腺炎」に苦しんでいた私をケアし、心身両面から救っていただいた体験談を通し「訪問型の助産師さん」についてお伝えした【前編】に続き、【後編】でお送りするのは「助産師外来」と呼ばれる場所。私自身が通って感じたことや、実際の様子を通し、親子どちらもより幸せになれる温かなサポートについて、お届けしたいと思います。

東京・自由が丘の駅から少し歩いた閑静な場所にある「自由が丘MC母乳・育児相談室」(以下、MC)は、母乳・育児相談専門の助産師外来。母乳ケア(乳房マッサージ)や母乳にまつわる相談の他に、妊娠中〜産後の全身オイルケアメニューや育児相談なども行っています。

1人目に続き2人目の産後も乳腺炎に苦しんでいた私が通い始めたきっかけは、周りのママ友が何人も通っており、皆が口を揃えてオススメするその評判の高さでした。
産院や産科で出産の立ち会いや妊産婦ケアに携わっている経験豊富な助産婦さんが、専門的な知識を駆使して施術してくださる「助産院」ですが、病院というよりもおしゃれなサロンのような雰囲気。また、待合室には子どもが遊べるスペースがあり、子連れで安心して通うことができる場所だということも大きな魅力でした。

赤ちゃんか上の子、どちらかとは常にくっついている生活が続く2人目産後。
子どもたちはスタッフの方に見守られ、短い時間ではありますが「独り身」に戻って、リラックスできる空間でマッサージを受けることのできるMCでの時間は、当時の私にとっては本当に貴重なリフレッシュでした。
また、子どもたちにとっても安心して遊べる場所で、親子どちらも楽しい時間を過ごすことができるという点も嬉しく、施術が終わった後も、待合室で離乳食をあげ、おむつも替えてから帰るなど、毎回ゆっくりさせていただいていました。

専門知識の豊富な助産師さんが、それぞれに合ったサポートを

乳腺炎で悩んでいると必ず注意される「食生活」についても、まず“充分頑張っている”と労い受け止めてくださった上で、私自身の状況や想いに寄り添いながらアドバイスをしてくださるので、相談しにいくたびに気持ちをぐっと軽く前向きにしていただきました。

乳腺炎に伴うあまりの痛みから、2人目の産後も必死で甘いものや脂っぽいものを控えていましたが、それでもすぐ詰まってしまう体質の私。慣れない2人育児に奮闘する中、食べてはいけないものが多いことは大きなストレスで、疲れも溜まりがちでした。
「赤ちゃんが寝ている間に、野菜を適当に切りながら大き目の鍋にどんどん入れて煮込んで、野菜スープや“鍋”みたいなものを作っておき、毎食それも一緒に食べるようにすると、野菜と栄養、母乳に必要な水分を取ることができるし、体も温まって楽になる」など具体的な方法や、食事の制限がとにかく辛かった時には「どうしても甘いものが食べたかったら、ここの予約を取って来る前に食べてください。最悪、私がマッサージでどうにかします!」と言ってくださるなど、その時の私にできるアドバイスや、その時に“しんどいこと”を軽くしてくれる一言が、本当に嬉しかったことをよく覚えています。

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

佐々木はる菜

ライター

Halna Sasaki

1983年、東京都生まれ。会社勤めを経て結婚・出産を機にライターへ。国内外のトレンド、暮らしや子育てについてのコラム執筆のほか、企業サイトのコンテンツ作成などにも携わり、女性のキャリア・多様な働き方についての発信も目指す。夫・7歳息子&4歳娘の4人家族。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン