藤本こずみ

より良い2019年を迎える秘訣とは? 『水晶玉子のオリエンタル占星術 開運暦2019』著者インタビュー【後編】

10月11日の発売以降、早くも大きな話題となっている『水晶玉子のオリエンタル占星術 幸運を呼ぶ365日メッセージつき 開運暦2019』。

 

本の活用法と新しい見どころについてお聞きした、占術研究家・水晶玉子先生インタビュー前編に続き、後編では、より良い2019年を迎えるためのアドバイスとLEE読者へのメッセージをいただきました。

 

 

2019年は物事を俯瞰してとらえることが大切に

 

オリエンタル占星術では、28年周期で年運が移り変わっていくというお話でしたが、2019年はどんな年になりそうでしょうか。

 

「2019年は、オリエンタル占星術でいうと“昴宿(ぼうしゅく)”の年。“昴宿”には視点を高く持つ性質があるので、2019年は物事を俯瞰してとらえたり、長期的な展望を持ったりすることが大切になってきます。2018年に起きたいろいろな変化や、毎日の生活の中の小さな出来事に対して、少し引いた視点から自分なりにその理由を考えてみる。例えば、スーパーに買い物に行って野菜が高かった時に、ただ不満に思って終わらせず(笑)、『どうしてだろう』と社会的背景にも想像を巡らせる。そんな風に、目の前のことだけでなく、先のことにまで考えを及ばせること、興味を持っておくことで、知識の量も増えるし対処の幅も広がっていくと思うんです。星の作用は前倒しで表れるので、2018年終盤の現在からこれを意識して行動することが、2019年の開運につながると言えるでしょう」

 

暮らしのヒント/生き方ナビ 最新の記事

生き方ナビをもっと見る

Writer Profile

藤本こずみ

ライター

Kozumi Fujimoto

1979年兵庫県生まれ。雑誌を中心に、インタビュー、ライフスタイル、占いなどの記事を担当。

家族は夫と2歳の息子。“東京で仕事”と“関西で育児”の二拠点生活に挑戦中。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン