松崎のり子

18歳が成人に…親も一緒に考えたいお金のトラブルとクレジットカードの心得

今年、14歳の子どもから、18歳で成人に

先日、閣議決定した成人年齢を引き下げる民法の改正案が、衆院本会議で審議入りしました。これまで20歳だった成人が18歳になり、女性の結婚年齢も現在の16歳から18歳へと上がり、男女ともに同年齢で揃うことになります。

ただし、飲酒や喫煙ができる年齢は20歳以上のまま。競馬や競輪などの公営ギャンブルも20歳未満ではできないことになります。

周知期間を経て、実際の施行は2022年4月1日からの予定です。あと4年ですから、今年14歳の中学生を持つ親にとっては、あれよという間に子どもが成人してしまうことになりますね。成人ということは、社会から一人前の大人として扱われるわけですから、親は社会人としての責任についても教える必要があります。

特に心配されているのは契約関係のトラブル。たとえば親の同意なくクレジットカードを作ったり、ローンを組んで高額な商品を購入する契約を結べるようになるからです。社会経験が乏しい新成人が悪徳商法の標的になるのではと懸念する声も多いよう。

また、その月に現金がなくても支払いができるクレジットカードは、正しい使い方をしないと高い金利を払うことになってしまいます。親も一緒に、その知識と心得をおさらいしましょう。

暮らしのヒント/マネー 最新の記事

マネーをもっと見る

Writer Profile

松崎のり子

消費経済ジャーナリスト

Noriko Matsuzaki

消費経済ジャーナリスト。雑誌編集者として20年以上、貯まる家計・貯まらない家計を取材した経験から、貯蓄や節約のアドバイスを行う。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン