「MONKEY MAJIK」も参加!東日本大震災の津波到達地に桜を植樹するプロジェクトとは?

今年で6年目。東日本大震災での津波の到達地に桜を植える、という試み

今年の春は、桜を堪能できましたか?
年にほんの数日間しか愛でることができないけれど、圧倒的な存在感を誇る、儚げで美しい桜の花。
本日のLEEweb「暮らしのヒント」では、そんな桜にまつわる社会貢献について取り上げます。

さる3月25日、26日に石巻市牡鹿半島で行われた「桜の植樹会」
LEE4月号でも特集記事を掲載した「豊島株式会社」のオーガニックコットンブランド“オーガビッツ”と、さくら並木ネットワークの合同イベントとして、41本の桜が植えられました。

今年行われた「桜の植樹会」での集合写真。

実はLEEとオーガビッツの縁は深く、2010年、はまじがオーガニックコットン畑を見に行ったのが最初。
なんと場所はテキサス(!)だったそう。

その後も、LEE誌面では渡良瀬の和綿畑や尾張一宮のガラ紡工場、岩手県大槌町の復興支援センターなどなど、さまざまな場所を訪れました。

そんなオーガビッツが、ここ数年、力を入れているのがNPO法人「さくら並木ネットワーク」との植樹会です。2013年から支援を開始し、今年で6年目。
東日本大震災での津波の到達地に桜を植樹することで、鎮魂と避難の目印にするという活動です。

今回は「MONKEY MAJIK」のメンバーも植樹に参加!

これまでも協賛するアパレルブランドの方々が植樹してきたのですが、今回はメンバー全員が宮城在住のミュージシャン「MONKEY MAJIK」も参加。
昨秋のツアーをオーガビッツがスポンサードしたことがきっかけとなり、ツアーグッズの売上から苗木が寄付され、なんと、本人たちに植樹してもらうことになりました。
その模様はご覧のとおり、楽器ではなくスコップを持つ姿もすてきです。

「桜は柔らかい気持ちになるし、まちのシンボルになっていったらまた豊かな心で良いまちができるのではないか。桜の成長とともに何度でもまたここに来たい、やっていけることを都度見出しながら、音楽を中心にまたみなさんと幸せになれることをやっていきたいです」(ドラム TAXさん)

NPO法人さくら並木ネットワーク
花に携わる有志によって立ち上げられ、東日本大震災の津波到達地に桜の並木を造成する「さくら並木プロジェクト」を推進。2012年春から福島県・宮城県・岩手県に約4600本の桜を植樹しています。

オーガビッツプロジェクト
日本有数のコットン取り扱い商社の豊島株式会社が母体となって行われているオーガニックコットンの普及プロジェクト。オーガニック100%にこだわらず、10%でも使って100倍の人に届けたいというコンセプトで、多くのアパレルブランドが参加しています。
オーガビッツFacebookページ
オーガビッツinstagramページ

メール募集

「暮らしのヒント」では、LEEで活躍中のライターが、
日々の暮らしに役立つ記事をお届け中。
「○○さんの××の記事がよかった!」などご意見、ご感想や「こんなことで悩んでます」「あのことが知りたい!」など、読みたいテーマのリクエストも大歓迎です!

メールを送る

暮らしのヒント/社会貢献 最新の記事

社会貢献をもっと見る

Writer Profile

高見澤恵美

ライター

Emi Takamizawa

1978年埼玉県生まれ。女性誌を中心に女性の性質や人間関係の悩みに迫り、有名無名千人超を取材。個人的に気になるのは産後の健康状態。家族は夫と3歳の息子。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン