ヘルスケア/2017.LEE10月号

雨の日やワインに要注意!?頭痛が起きやすくなる6つの原因をチェック!

ズキズキと脈打つ痛み、頭が締めつけられるような痛み・・・

そんな、しつこい頭痛に悩まされている人にとって、季節の変わり目である秋は要注意シーズン。でも実は、季節の変わり目以外にも、頭痛が起きやすくなる場面があるんです!

それは一体、どんなとき?
頭痛が起きやすくなるシーン&対策のポイントをお届けします。

 

注意! 頭痛が起きやすくなるシーン6

 太陽光やまぶしすぎる照明など光の刺激は頭痛の引き金に

太陽の光が目から入ると、視神経を介して脳は激しく興奮し始め、頭痛を誘発します。

そのため、晴れた日の外出時にはサングラスをかけ、太陽光が直接目に入らないようにケアを。サングラスはかけたときと外したときの明るさの差が少ない、薄めの色がベストです。

また、家の中の照明にも注意が必要。白くてまぶしい蛍光灯よりも、白熱灯のようなやさしい光を選んで。白すぎる壁紙は照明を反射してまぶしいので、淡い色合いのものにできれば言うことなし。

 

 タイトなまとめ髪は頭痛のきっかけに

頭痛に悩む人は髪型も選ぶ必要あり。後ろで一つ結びにしたり、おだんごにするヘアスタイルは、ギュッと髪を束ねることで頭皮が引っ張られ、頭皮の下の神経を刺激して頭痛につながる場合もあります。

まとめ髪をするなら、頭皮を引っ張りすぎない程度にゆるく結ぶのが正解です。

また、前髪が目にかかると視神経から後頭葉という脳のスクリーンが刺激されて、頭痛を誘発することも。目の前でチラつかないように、前髪は短く切るかピンなどで留めて。

この記事へのコメント (0)

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

今日のLEE 最新記事

今日のLEEをもっと見る

Writer Profile

今日のLEE

Today's LEE

ファッション、ビューティ、ライフスタイル、料理、インテリア…すぐに役立つ人気コンテンツを、雑誌LEEの最新号から毎日お届けします。

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン