「夏冷え」不調をリセット!パーツ別温めケア

子宮や内臓の働きが活性化!シャワーお灸で不調改善

冷えの改善はもとより、健康や美容に効果的と、ジワジワ人気が高まっているお灸。

「体の一部分だけを温めると、そこに血液が集中することで結果的に全身の血流がよくなり、体全体が温まります」

そう教えてくださったのは、遠方からも患者さんが訪れる、名古屋市の人気サロン「鍼灸マッサージありがとう」院長・鍼灸師の白神典明さん。

「夏は気温が高いので自覚しにくいですが、意外とおなかまわりは冷えていて、胃腸や腎臓など内臓の働きは低下しています。部分的に温めるだけで内臓をはじめ、全身を温められるお灸は、まさに夏の冷え解消にぴったりな健康法なんですよ」

とはいえ、火を使う、ニオイが気になるなど、普通のお灸にハードルを感じる人も。そこでおすすめしたいのが「シャワーお灸」!
今回は、毎日続けやすいシャワーお灸のメリットや方法をご紹介します。


シャワーお灸でおなかを温める仙骨のツボを刺激!

冷え解消には夏でもきちんと湯船につかるのがいいとわかってはいても、暑くてツライという人は多いもの。

「シャワーお灸なら、仙骨にシャワーを当てるだけで湯船につからなくてもしっかりおなかまわりを温められます。仙骨は、子宮をはじめとした内臓の血流をうながし、働きを活発にするのに効果的なツボです。

1日2回、朝晩できればベストですが、忙しければ3日に1回でも。できるだけ定周期で行うと、体にリズムができて自律神経が整い、冷えや婦人科系の悩みの改善のほか、さまざまな体調不良も解消されますよ」(白神さん)

 

仙骨ってどこ?

仙骨はお尻の割れ目のすぐ上にあり、左右の骨盤をつなぎ、子宮や卵巣を後ろから包み込む骨。内側には、下半身の血流や内臓の活性化を担う骨盤内臓神経が通っており、仙骨はとっても大事なツボなのです。

この記事へのコメント (0)

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

今日のLEE 最新記事

今日のLEEをもっと見る

Writer Profile

今日のLEE

Today's LEE

ファッション、ビューティ、ライフスタイル、料理、インテリア…すぐに役立つ人気コンテンツを、雑誌LEEの最新号から毎日お届けします。

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン