薄井シンシアさんの「育児書を捨てよ、子どもを見よ!」

「子どもに寄り添う子育て」が難しい!【薄井シンシアさんの「育児書を捨てよ、子どもを見よ!」第17回】

子どもの思いを尊重したいけど・・・

以前、「親子間ルール」(=3つのR)について取り上げましたが、なかなか守れないという声が届いています。その時々で変わる子どもの思い。「なるべく尊重してあげたいけど、それでは、「わがまま」を助長するのでは?」そんな葛藤が聞こえてきます。そこで導入したのが、最低限の決まりとして「親子間ルール」をつくる、ということでした。今回は、この「親子間ルール」について、「4つのE」(※)から捉え直してみます。

(※)① expectation (期待する)② education (教育する)③ encourage ment(励ます)④ evaluation (評価する)

Q:シンシアさんのアドバイスを参考に、小2生の娘と「おもちゃの買い方ルール」を決めました。1週間のお小遣いを500円と決め、加えて、お手伝いをしたらその度に50円のお駄賃をあげましょうというルールです。お小遣い帳をつけることも約束しました。最初は、喜んでやっていましたが、先日、ショッピングセンターに行ったら、たまたま友達が持っているのと同じポシェットを見つけ、買って買っての大騒ぎ。「それはお小遣いを貯めて買ってね」と言っても、週末にお小遣いをもらうと、すぐに他のものに全額買ってしまってお金を貯められないんです。どうすればいいでしょうか? (36歳 女性)

一度決めた「ルール」は、意地でも守る。めげないで!

A:話し合うだけでも難しいと言われる親御さんが多い中で、娘さんと相談してルールを決められたのは、素晴らしい! まずは、最初の一歩を踏み出せたことを喜びましょう。しかも、あなたは娘さんがぐずるのをなんとかしのいで、ルールを続行させていらっしゃいます。これもまた、素晴らしいと思います。というのは、この段階で親がめげてしまい、図らずも子どもの言うことを聞いてしまうケースが多いからです。

私は、いったん親子でルールを決めたら、意地でも守り通すと心に決めていました。めげませんでした。もし、親である私が子どもの駄々に根負けしてルールを破ってしまったら、子どもは、ルールなんてそんなものかと思ってしまうからです。

子どもは、親を試すんですよ。娘も5歳くらいの時、ある決まり事を守らずに駄々をこね、挙句に私の靴に噛み付いて抵抗したことがありました。私は、靴を娘に噛みつかせたままにして脱ぎ、さっとぐずる娘のそばを離れ、外に出てしまいました。娘は、泣きながら私の後を追いかけてきましたが、小さな子どもにとって、ぐずることが自己主張の大切な手段。簡単には手放しません。子どもも必死なんですね。それに負けないように(笑)。

同じような場面は、何度もありました。そのたびに、私も疲れたし、くじけそうになりました。だって、私が折れる方がずっと楽なんですから。でも、そうして場数を踏んでいくうちに、ぐずってもママには絶対に通用しないんだということが、娘にもだんだん分かるようになっていったんです。最後は、私の粘り勝ちです(笑)。

ねだられたら、買ってしまったほうが早いし、親子ともに疲弊もしません。でもね、めげてしまっては、この先ずっと同じことが続きます。時間はかかりますが、ぐっと堪えてください。必ず、ルールが定着する日が訪れますよ。

Many Caucasian People And Hands Holding Colorful Straight Letters Or Characters Building The Isolated English Word Rules On White Background

どうしてもうまくいかない場合に打つ手が、「4つ目のE」

ただ、親子で相談して決めたルールでも、やってみるとどうしてもうまくいかないということは、確かにありますね。一度決めたことだから、守りたい。でも、内心は葛藤だらけ。

このルール、もうやめてしまいたい。ねだられたら、その場で買ってしまいたい。周囲に迷惑をかけるし、みっともないし。精神的にまいっちゃう……。

こんな風に行き詰まってしまった場合は、冷静にルールそのものを見直してみましょう。

ルールは、「3つのE」で出来ています。つまり、① Expectation (期待する)② Education (教育する)③ Encouragement (励ます)ですが、これらは、適切だったかどうか。それを検討するのが、4つ目のE(evaluation)でした。

例えば、相談者の「お小遣いルール」でお子さんに期待したことは、何だったのでしょう? 「買いたいものを我慢して、お金が貯まったら買う」というのはお母さん側の期待で、娘さんにとっては、まだそれを守るのが難しいのでしょう。

つまり期待値が高すぎたのです。何ができるようになって欲しいのかを、娘さんの現在のキャパシティーをよく見てはっきりさせておくと、不要なイライラもなくなってくると思います。これはあくまで、「現在のキャパシティー」ということです。将来的には、少しずつステップアップしていけばいいので、今からハードルを上げる必要はありません。

お小遣い帳が続かないというのも、期待が高すぎたのかもしれません。続けられないようなら、まずは、使った金額だけでも、紙に書く、ということを習慣づけてはいかがでしょうか。

さらにお金を貯めてから欲しいものを買う、というのはもっとハードルが高いと思います。我慢させるのは限界があります。私だったら、遊び感覚で金利制を導入するかもしれません。100円貯まったら、10円あげる。1000円貯まったら、もっと利率をあげて150円あげるとか(笑)。楽しみながらできる工夫をしてはいかがでしょうか。

高い目標も、小さな目標の積み重ねの上にあります。ですから、いきなり難しいゴールを目指すのではなく、ちょっと頑張ればできる、という目標を掲げましょう。少しずつクリアしていくことで達成感も得られるでしょう。そうなれば、好循環が生まれて、親子のコミュニケーションも円滑になると思います。

サイズに合わない靴を履いていると歩きづらいように、ルールもそれが親子ともに合わなければ、窮屈になってしまいます。もう一度、ルールを決める目的に立ち返り、最初の3つのEを見直してみましょう。子どもの性分や状況に合っているかだけでなく、あなた自身がそれを続けられるかどうか? 

hand of a little boy try to saving money for future, learning to save budget for future

苦しいなら躊躇なくそのルールを手放して

ルールとは、いくらか無理を強いるものです。けれども、そのルールにどれほどの妥当性があったとしても、親子ともにつらいと感じるほどの無理をする必要はないのです。ルールの内容を見直して、もし、これは子どものキャパシティーを超えていると判断したら、そのルール、潔く手放して、違う方法に変えるのも一つの手です。

それから、もう1つ大切なこと。我が家では、ルールは、多くても5つまでと決めていました。多すぎると、縛りがきつくて、ただただ親子で疲弊してしまいます。一つの習慣が定着したら、ルールから外す。必要に応じて、更新していけばいいんです。

4つ目のEは、リトマス紙のようなものだと思います。常に心に留めておいて、どこか変だな、うまくいかないなと思ったときに、4つ目のEを取り出してチェックしてみる。思うようにならないと悩む前に、自分の子育てを客観的に見直すことが、あなたを落ち着かせてくれるはず。

子どもは日々成長しています。家族の暮らしも変わっていくでしょう。社会だって変わります。変化に合わせ、子育てにも4つ目のE (Evaluation)を駆使して、柔軟に変えていきたいですね。

構成/鵜養葉子

【質問募集】
子育てのお悩みについて、シンシアさんへの質問を受け付けています。どんな些細なことでも構いません。ぜひお寄せください。採用された方には、図書カード(500円)をプレゼント致します。

シンシアさんへの質問はこちらから

Writer Profile

Cynthia Usui

17年間の専業主婦生活の後、「給食のおばちゃん」からラグジュアリーホテル勤務を経て、現在は大手外資系企業で働きながら、講演活動や出版活動も行う。著書に『ハーバード、イエール、プリンストン大学に合格した娘は、どう育てられたかママ・シンシアの自力のつく子育て術33』(KADOKAWA)、『専業主婦が就職するまでにやっておくべき8つのこと』(KADOKAWA)がある。

この記事へのコメント (0)

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

薄井シンシアさんの「育児書を捨てよ、子どもを見よ!」 最新記事

薄井シンシアさんの「育児書を捨てよ、子どもを見よ!」をもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

go to top