我が家の主役はリビングよりも「ダイニング」!

サリュコワマリアさん、小さなダイニングを素敵に見せる家具選びのアイデアとは?

限られたLDKスペース。本当はソファも置きたいのに、とにかくダイニングテーブルの存在感が大きすぎて、リビングの快適さを諦めざるを得ないのが現状……。それならいっそ、ダイニングを主役にしてはどうでしょう。食事をしたり、子どもたちが宿題をしたり、お茶を飲んだり。思えばダイニングテーブルは、家族が自然と集まる場所。大きなテーブルを中心にしたくつろぎの空間は、家族の距離を今よりも近く、楽しいものにしてくれます。

本日は、ジョンブル PR サリュコワ マリアさんの、小さなダイニングを素敵に見せる家具選びのコツを大公開します!

 

狭くてもくつろげるテーブルまわりの空間づくり
我が家の主役はリビングよりも「ダイニング」!

サリュコワ マリアさんのダイニング
家具も、花器やオブジェも、空間に対して大きなものをあえてセレクトすることで、ゆったりとしたイメージに。「我が家のダイニングのテーマは"古い喫茶店"」。テーブルなど大物アイテムを吟味し、それに合わせて周りの小物もそろえることで、統一感のある空間をつくっている。娘の小夏ちゃんも、年季の入ったこのテーブルがお気に入り。お絵描きはいつも、ママの近くのこの場所で

 

小さいスペースだからこそテーマを決めて統一感を
サリュコワ マリアさん(ジョンブル PR)

3人暮らし妻・夫・長女5歳
アパレルブランド「ジョンブル」PR。ロシアで生まれ、13歳から日本で暮らす。自宅インテリアや娘の小夏ちゃんとの暮らしぶりが垣間見えるインスタグラムも人気(@salyukovamaria

 

大きい家具をあえて置く。空間にはメリハリが大切

キッチンのすぐ横には、重厚な佇まいのダイニングテーブル。そして、大きなキャビネット。ダイニングはそう大きな空間ではありません。けれど、そこには不思議と安らぎがあり、ゆとりさえ感じられます。その理由を「空間に対して、家具が大きいからでしょうか」とマリアさんは答えました。

「小さな空間を少しでも広く、と思ってコンパクトで簡易的な家具を選ぶと、かえって狭く感じるような気がします。テーブルも椅子も、ゆったりしていたほうが落ち着きますよね。だから、大きくても気に入ったものを選ぶ。そのほうが家族もゆったり過ごせるし、メリハリがついて空間も広く見えます」

小さなダイニングを素敵に見せる家具選びのコツは、もうひとつ。それは木やレザーの色をそろえること。それだけで全体がまとまり、居心地のいい空間になります。

「あとは、たっぷりの季節の植物を飾ること。風にそよぐような動きのあるものがあると、空間が生き生きと、軽やかになりますね」(サリュコワ マリアさん)

 

LDKがひと続きになった、アパートで一般的な2LDKの間取り。日中はダイニングと隣り合う1室の引き戸を開け、ひとつの大きな空間として使っている

Writer Profile

Today's LEE

ファッション、ビューティ、ライフスタイル、料理、インテリア…すぐに役立つ人気コンテンツを、雑誌LEEの最新号から毎日お届けします。

この記事へのコメント (0)

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

今日のLEE 最新記事

今日のLEEをもっと見る

LIFEをもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン