我が家の主役はリビングよりも「ダイニング」!

【ダイニングでもっとくつろぐためのアイデア】料理家 植松良枝さんの大きなテーブルが主役の空間づくり

限られたLDKスペース。本当はソファも置きたいのに、とにかくダイニングテーブルの存在感が大きすぎて、リビングの快適さを諦めざるを得ないのが現状……。それならいっそ、ダイニングを主役にしてはどうでしょう。食事をしたり、子どもたちが宿題をしたり、お茶を飲んだり。思えばダイニングテーブルは、家族が自然と集まる場所。大きなテーブルを中心にしたくつろぎの空間は、家族の距離を今よりも近く、楽しいものにしてくれます。

本日は、料理家 植松良枝さんの大きなテーブルが主役のダイニングを大公開します!

 

狭くてもくつろげるテーブルまわりの空間づくり
我が家の主役はリビングよりも「ダイニング」!

植松良枝さんのダイニング

平日は、仕事場でもあるダイニング。週末は、家族と過ごす大切な場所に

料理家・植松良枝さん宅のテーブルは、自宅で料理教室を開催するため、10人がけのもの。普段はこの広さを、家族3人で。「テーブルは少人数でも"広すぎる"くらいが、むしろ心地いいと思います」(植松良枝さん)

ダイニングが主役だから、そばの壁や飾り棚には、とっておきのお気に入りを飾って。四季の移り変わりを楽しめる自慢のテラスが見える位置は、今や息子・佑くんの指定席

 

「食事」を大切にしたいから、ダイニング中心は必然でした
植松良枝さん(料理家)

3人暮らし妻・夫・長男1歳
料理家。旬の素材を生かすレシピ、旅からインスピレーションを受けたレシピで人気。人気ベトナム料理店「ヨヨナム」のメニュー監修も手がける。初のエッセイ本『春夏秋冬 ふだんのもてなし』(KADOKAWA)を出版。インスタグラムは(@uematsuyoshie

 

大きなテーブルの存在が、我が家の個性そのものです

「一緒に、おいしいものをいただく。それが何よりシンプルで、効果的なコミュニケーションだと思います」と植松さん。結婚して数年後に手に入れたマンションの1室は、広いテラスに面していました。すぐに思い浮かんだのは、外を眺めながら親しい人と食事をしている風景。職業柄、人を招く機会が多くあります。食事の後でくつろぐというよりは、飲みながら、食べながら、くつろぎます。

「それに必要なのは、何より大きなテーブル。当時、夫婦2人で選んだにしては、相当なサイズです。ダイニングを家の中心と決めたなら、存在感のある大きなテーブルにしたほうが、メリハリがつきます。空間の主役になるものだから、木目の表情にもこだわりました」 食卓でのくつろぎには、座り心地のいい椅子も必須。選んだのは、座面がゆったり広めなYチェア。ゆるやかにカーブした背もたれの効果もあって、その包まれるような座り心地に安心感があります。

「もちろん、スペースがあれば大きなソファコーナーも欲しいとは思います。でも、限られたスペースの中で、あれもこれもと欲張るとかえって暮らしづらくなるし、狭さを感じてしまう。空間づくりで大切なのは、何を優先するか。私の場合、『この家で、家族と大切にしたいものは何か?』と考えたとき、迷わず、“食事”と“窓からの景色”と答えが出ていたので、これ以外の形はありませんでした」(植松良枝さん)

18.5畳のリビングダイニングよりも広いテラスが、この家を購入する決め手に。大きなリフォームはせず、食器棚をダイニングの壁一面に造作した

Table
最大10名座れる大テーブルは、木の表情がお気に入り

最大10名座れる大テーブル

245×100cmの大きなテーブルは、「工房イサド」でオーダーしたもの。脚部分がアイアンでほどよく無骨な雰囲気を漂わせている。

「Yチェアと合わせることが決まっていたので、高さもそれに合わせてもらいました。ちなみにYチェアは、夫の実家にあったものを座面を張り直して使っています」

 

Light
照明はスポットでやや暗めが落ち着く

ライト

作り付けの棚の雰囲気に合わせて選んだ白い照明はトム・ディクソンデザインの「ビートファットペンダント」。空間の広さにしては、照明は小さめ。飾り棚をスポット的に照らし、ムードを出す

 

Chair
Yチェア+オットマンで、最高にくつろげる

チェア
「『Yチェア』の座り心地のよさは、ソファいらず!」と植松さん。映画を観るときなどはオットマンで脚を伸ばせば、さらにリラックス。「実はスツールとして売られていたのですが、高さがぴったりで」

 

Display
目に入る壁には、旅の思い出や季節のグリーンを

ディスプレイ

限られたスペースなので、家具は増やしたくないという植松さん。そこで取り入れているのが、壁面を使ったディスプレイ。旅先で買ったかごや、壁付けのワインの栓抜き(!)、昆虫の標本などを自由に飾っています。「国が違っても、トーンを合わせれば不思議となじみます」


作り付け家具の中央にあるこだわりのディスプレイスペース。お気に入りのキッチンツールとともに、季節の植物を

ダイニングでもっとくつろぐためのアイデア

テーブル以外の空間は用途を決め込まず、その都度しつらえを変えて


平日昼間は仕事仕様で、何も置かずにすっきりと。保育園から佑くんが帰ってきたら、マットを広げて遊びのスペースに。「ヨガマットを2枚敷き、上にインドの布"カンタ"を重ねています。よくあるジョイントマットより、敷いたり片付けたりが簡単なのでいいですよ」

 

テラスにはテーブルを置き、第二のダイニングとして


広いテラスはダイニングの延長。「子どもの遊び場になったり、バーベキューをしたり」。途中までウッドデッキを設置してラグも敷き、はだしで出られるようにしてある

やりかけの仕事は、とりあえずかごに


皮むきなど座って集中したい作業や原稿書きは、この場所、この椅子で。「Yチェアより座面が硬く、だらけられないので仕事向き(笑)」。書き物を中断するときは、かごにバサッと入れて別の部屋へ。かごは、バスクで見つけた栗の木製

 

スタッキングできる名作椅子を来客用に


お客様が増えたときや、料理教室のとき登場するのはイタリア・アリアス社製の「スパゲッティチェア」。座る人の体型に合わせてコードがのびるので、座り心地抜群


次回は、イデー 小林夕里子さんの丸テーブルが主役のダイニングを公開します。

撮影/松村隆史 イラストレーション/ヤマグチカヨ 取材・原文/福山雅美
詳しくは2019年LEE12月号(11/7発売)をご覧下さい。

Writer Profile

Today's LEE

ファッション、ビューティ、ライフスタイル、料理、インテリア…すぐに役立つ人気コンテンツを、雑誌LEEの最新号から毎日お届けします。

この記事へのコメント (0)

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

今日のLEE 最新記事

今日のLEEをもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

go to top