CULTURE NAVI「MUSIC」

星野源『POP VIRUS』おなじみの曲も新曲も“いい曲”が詰まりまくってます

『POP VIRUS』
星野 源

おなじみの曲も新曲も“いい曲”が詰まりまくってます

アーティスト、俳優、文筆家と多岐にわたる才能を持ち、その活躍ぶりには目を見張るものが。

2016年に『恋』が大ヒットしたことがひとつのターニングポイントになったといえるが、その『恋』以降のアーティスト活動を一気におさらいできるのがこのアルバム。

『恋』『Family Song』『アイデア』『肌』などテレビでおなじみの楽曲のほか、初めて耳にする楽曲も含む全14曲。どこから聴いてもハズレなし!(スピードスターレコーズ)

 

RECOMMEND

1 / 3
  • 『ANTI ANTI GENERATION』
    RADWIMPS

    『前前前世』の、といえば多くの人がピンとくるであろう4人組バンド。哲学的かつロマンティックな歌詞と勢いのあるサウンドで10代・20代に人気があるが、若者だけに聴かせておくのはもったいない! ラブソング『そっけない』をはじめ、ティーンの頃に経験したヒリヒリするような気持ちが蘇る。(EMI Records)

  • 『ジャイアンツ』
    ダニエル・パウター

    昨年4月から本格的に活動を再開した癒しのピアノマン。1曲目の『パーフェクト・フォー・ミー』からピアノの音と彼の声に身を委ねたくなる。日本でのヒットソング『バッド・デイ〜ついてない日の応援歌』の新バージョンも収録。お疲れぎみの人は、一日の終わりにぜひどうぞ。(ワーナーミュージック)

  • 『Life is going on and on』
    MISIA

    約3年ぶりとなるアルバム。2018年話題になったドラマ『義母と娘のブルース』主題歌『アイノカタチ(feat.HIDE GReeeeN)』から始まり、映画『鋼の錬金術師』主題歌『君のそばにいるよ』など全12曲を収録。変わらない伸びやかな声にすっぽりと包み込まれ、心がクリアになっていきます。(アリオラジャパン)


取材・文/古川はる香

この特集の次の記事を見る

CULTURE NAVI「MUSIC」

この特集の記事一覧を見る

もっと見る

この記事へのコメント (0)

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

今日のLEE 最新記事

今日のLEEをもっと見る

Writer Profile

今日のLEE

Today's LEE

ファッション、ビューティ、ライフスタイル、料理、インテリア…すぐに役立つ人気コンテンツを、雑誌LEEの最新号から毎日お届けします。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン