松村学さんのガラスの器

094

akari

毎年楽しみにしている松村学さんの個展に行ってきました。

地元在住のガラス作家さんで、市内に工房があるものの、直接工房にて販売はしておらず、取扱いする場所も限られていて、毎年個展にて購入してます。

岡山市の問屋町にある「くらしのギャラリー」さんで購入もしたりしましたが、やっぱり個展だと一度にたくさんの作品を見ることが出来るのでワクワクします❗
今回はデザートにカップになる器を購入しました。

ずっと欲しかった大きさに出会えて大満足♪

横から見ても形が美しくてうっとりします。

少し気色味かかった色合いが素敵なのです。

同じシリーズでコンポートがあればいいな…と思っていたのですが、今回の個展にはなかったので、来年は作品を製作してもらうようにお願いしました!

デザートを盛るのにちょうどよいですが、普段使いにも大活躍です。

とりあえず、最初は晩ご飯の後のデザートの柿とリンゴを入れました。

白い器と箸置き、青磁の豆皿、お茶碗、タンブラーは照井壮さん
楕円豆皿、蕎麦猪口はawabiware

仕事から帰宅して毎日バタバタの晩ご飯ですが、お気に入りの器に囲まれて食べると何だかホッとします。

いつもの地味過ぎる晩ご飯ですが、新しい器が仲間入りするとウキウキします。

来年は念願のコンポートがお迎えできたらいいな、と今から楽しみにしています。

この記事へのコメント (2)

  1. 094 akari

    maiちゃん、個展は毎年のお楽しみで、少しずつ集めているの❤今回はやっと欲しかった形をお迎え出来て満足だよ!
    私はmaiちゃんみたいに毎日コツコツと家族に愛情込めてお料理するのに憧れるよ~!私、日々時短料理やら、疲れたら惣菜買ってるもの(笑)
    一汁一菜だって中身が充実してるなら罪悪感なんてないよ♪
    私も本を購入しようかな~❤

  2. 060 mai

    松村学さんのガラスの器、欲しかった大きさに出会えて
    よかったね♡とっても素敵です♪

    そしてなんと美味しそうな夕飯なのー!
    地味どころかおかずもたくさんで
    栄養満点、理想的な食卓だよ♡
    私は一汁一菜の本を読んでから、
    それをいいことにどんどん
    手抜きごはんになっていくよ。

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

094 akari 広島県 販売

LEE100人隊

40歳/夫・娘(6歳・3歳)/料理部/100人隊での活動を通して何気ない日常を日々楽しく、素敵に過ごせるヒントを沢山学んでいきたいと思います。

“最新”の記事

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン