上紙夏花

自宅レッスンで子育てと両立。OLから、毎回満席のパン教室講師になったママの本音

先日、ママ友に誘われて、パン教室へ行ってきました。教えてくれるパンはどれも本格的でありながら『こねないパン』など、とにかく簡単なのが評判!
先生は自宅レッスンをされている、一児の母だと聞いて、さらに興味が湧き、自宅で教室を開いた経緯を伺ってきました。

 

OL時代、趣味だったはずのパン作りが生活の中心に

『Reve パン教室』主宰の、みのり先生。教室は13年目に突入!みのりさんは「家庭だからこそできる安全なパン作りに重点を置いています」と語ります。

 

世田谷でパン教室を開くみのりさんが、パン作りに目覚めたのはOL時代だったそうです。幼い頃から食べる事、料理をする事が大好きで、趣味で始めたパン作りでその奥深さに目覚め、 本格的な技術・知識習得の為、製パン学校に入学。その後、大手ベーカリー、個人店、カフェなど、数々の店で経験を積んできたのだそうです。

 

「本格的な製法、理論を取り入れつつ、パン屋さんにはない家庭でこそ出来るパン作りの場を提供したいと思って、自宅教室でレッスンを始めました」とみのりさん。

 

作るパンは毎月替わりますが、テーマは共通していて〝お店のような美味しさを安心安全な食材で手作りする、しかも、なるべく簡単に!〟ということ。
私が参加したレッスンでは『一度もこねない、カンパーニュ』がメインでした。仕上がりは、カンパーニュが名物ですというパン屋さんに負けないくらいの美味しさなのに、工程は簡単で拍子抜けするくらい!

 

みのりさんの頭に叩き込まれたパン作りの理論から計算して考えられたレシピだからこそ、簡単カンパーニュができるんですね。すごい!

 

この日はカンパーニュのほかに、パンにベストマッチな野菜たっぷりのヴィーガンスープを習いました。このスープがちょっと特別なのは……上にトッピングされている粉チーズ!

 

 

実は〝ヴィーガン粉チーズ〟といって、甘酒やアーモンドプードルなどを使って作ったものなんです。食べてみると確かに粉チーズ。チーズは入ってないのに味がするのはなぜ?って感動しました。

 

ヴィーガン粉チーズの材料をフードプロセッサーで混ぜて、小さな塊に分けてオーブンで焼きます。

 

焼き上がるとこんな感じ。クルトンみたいですよね。この時点でチーズのようないい香りが♪ 粗熱をとってから、再度フードプロセッサーで細かくします。

 

パン教室のほかにも子どものための自然療法も

 

11歳になるお子さんは幼い頃、喘息や病気にかかりやすかったそうで、自然療法や健康法などについても学ぶ機会があったみのりさん。

「最近ではワークショップの依頼を受けることもあって、不定期ですが〝お母さんのための教室〟も開催しています」

 

自宅で仕事をするって、子育て中は特に憧れますが、実際にやってみるとどうなのでしょうか?次のページでみのりさんの本音に迫ります!

 

暮らしのヒント/生き方ナビ 最新の記事

生き方ナビをもっと見る

Writer Profile

上紙夏花

ライター

Natsuka Uegami

1977年大阪府生まれ。吉本新喜劇の女優を経て、ライターに。現在は化粧品の商品開発やPRを手掛けるほか、ベビーマッサージ講師としても活動している。夫・息子6歳&1歳。

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン