松崎のり子

コンビニでの支払いは電子マネーでポイント稼ぎを

コンビニで公共料金を現金払いするのはもったいない!

 

コンビニで公共料金を払っているという人は、どんな支払い方をしていますか?

現金払いです…は、ちょっともったいない話。nanacoを使った支払いでオトクにポイントを稼ぎましょう。

とくに6月は、自営業やフリーランスで働く人あてに住民税や国民健康保険料の通知が届く時期。毎月その金額を払うならぜひコンビニでのnanaco払いにしたいもの。nanacoは1000円単位で1枚5万円までチャージできる電子マネー。これで支払うと税抜き100円につき1nanacoポイントが貯まります(200円単位の店もあり)。

ただし、公共料金や税金を支払ってもこのポイントはつきません。でも、クレジットカードでnanacoにチャージすることで、カードのポイントを稼ぐことができるのです。とはいえ、どのカードでチャージしてもOKというわけではないのでご注意。私がnanacoチャージに使っているのはリクルートカード。還元率1.2%で、リクルートポイントが貯まり、そのポイントはPontaポイントに同率で交換できます。国際ブランドは Visa、Master、JCBがあり、どれでもnanacoへのチャージが可能。ネットショッピングをよくする人なら、楽天カードやYahoo! JAPANカードを持っているかもしれませんね。これらのカードも使えるのですが、JCBブランドでないとnanacoへのチャージができないので注意を。なお、セブンカード・プラスでも、チャージでnanacoポイントがたまります。

10万円を払うにはひと手間かかる

実際の支払いの方法は、振込票を持ってセブン-イレブンでnanaco払いにするだけ。

私はnanacoカード1枚とスマホアプリのモバイルnanacoを使っているので、一度に15万円までの支払いができます。つまり1800ポイント獲得できる計算に。あれ、1枚で5万円までしかできないと書いてあったのに、と気づいた方はさすがですね。方法によっては、1枚のカードに10万円までのチャージが可能なのです。まず、nanacoサイト上で5万円までクレジットチャージの手続きをします(ただし5万円までには2回に分けないとできません)。ここでチャージした分は「センター預かり」という状態のため、セブン-イレブンの店内にあるセブン銀行のATMで「残高照会」をすれば実際に支払いに使える残高となります。そのあと、再びサイトで5万円までチャージをすると、その金額がまた「センター預かり」状態になるのです。

1日にチャージできるのは3回までなので10万円にするには最低2日は必要ですが、5万円チャージ→残高照会、そのあと再度5万円チャージしてから、いよいよ支払いをしにレジへ。先にまず5万円分を払い、今度はレジで「残高照会してください」と頼むと、残りの5万円が使えるようになるという流れです。慣れている店員さんなら、わりとすいすいやってくれます。なお同様に、ミニストップでWAONを使った公共料金等の支払いもできますが、複数枚の使用ができないので払える金額は5万円までとなります。

なお、LEE9月号では「ポイントが主婦を救う」(仮)と題して、いろいろなポイントの貯め方使い方をご紹介しますのでどうぞお楽しみに。

暮らしのヒント/マネー 最新の記事

マネーをもっと見る

Writer Profile

松崎のり子

消費経済ジャーナリスト

Noriko Matsuzaki

消費経済ジャーナリスト。雑誌編集者として20年以上、貯まる家計・貯まらない家計を取材した経験から、貯蓄や節約のアドバイスを行う。

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン