"感じがいい人"と思われる話し方

「はじめまして」で感じよく話す、簡単テクニック&タイプ別攻略法

「話し方はテクニック。ポイントさえつかめば、誰でも感じよく話せるようになるんですよ」

そう教えてくださったのは、NHK松山放送局キャスターなどを経て、話し方やコミュニケーション、マナーを指導するKEE’Sを設立された野村絵理奈さん。コツを押さえて練習すれば、どんな人も上手になれるのだとか!

そこで第2回目は、初対面から打ち解けるまでの会話のポイントを伝授。受け答えで困りがちな「話しにくい相手」のタイプ別攻略法も要チェックです!

 

打ち解けるまでの"会話の内容"のポイント

 入り口となる話題は表面的なものが吉

「親しくなる前は、お天気のような表層的な話題が無難。相手も警戒することなく、受け答えができます。ママ同士だと子供の話題が出ることもあると思いますが、その際はほめること限定で。ただし、身体的なことは相手が気にしている場合もあるので、『ぽっちゃりしていてかわいい』ではなく、『元気そう』など、言い方に注意を」

OK 天候など、"その場の状況"について
(例:対隣人…近くの店情報や住んでいて便利と感じたことなど職場…自分の仕事の進捗状況や、相手の仕事内容習い事で…自分の目標や課題、相手の練習法など)

NG 政治、宗教、職業、名前の由来、出身地など"個人情報"にまつわるもの。その場のコミュニティと無関係な話題
(例:近所やママ、趣味の場で、仕事の話をいきなりするなど)

 

 一問一答ではなくしりとり会話で話題を深める
「趣味は何ですか?」「落語です」「では、好きな食べ物は?」「うなぎです」。そんな一問一答方式では、会話が弾まず、親近感もわきにくいもの。

「ぜひ試してほしいのが、相手の答えの一部や連想されることを次の話題にする"しりとり会話"。お互いをより深く知ることができるうえに、話題が次から次へと広がるため、話が尽きません」

例えば下の会話例。相手が落語に加え食べ歩きも趣味で、うなぎ好きという共通項も発見。この後、お気に入りの店を紹介し合うなどすれば、距離がぐっと縮まります!

会話例
Aさん 「最近落語にはまっていて、月2くらいで寄席に行くんです」
Bさん 「確か浅草に有名な寄席がありますよね。 そちらにも行きますか?」
Aさん 「行きますよ。浅草はおいしいお店が多いので そこに寄るのも楽しみで」
Bさん 「おいしいお店、多そうですね! どんなところに行かれるんですか?」
Aさん 「うなぎ屋さんで気に入っている店があって。 Bさんは、うなぎお好きですか?」
Bさん 「私もうなぎ大好きで。銀座によく行くお店があるんです」

 

 「 質問する」&「自分の情報を話す」のバランスを意識して
会話でもうひとつ気をつけたいのが、「質問する」と「答える」のバランス。

「質問攻めにすると、相手は『自分から何か聞き出そうとしているのでは?』と警戒します。もし相手が話し好きで、自分が話す隙がないのなら、『私は落語が好きなのですが、今はまっている趣味はありますか?』のように、先に自分の情報を提示してから質問すると、スムーズに話が進みますよ」

 

この記事へのコメント (0)

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

今日のLEE 最新記事

今日のLEEをもっと見る

Writer Profile

今日のLEE

Today's LEE

ファッション、ビューティ、ライフスタイル、料理、インテリア…すぐに役立つ人気コンテンツを、雑誌LEEの最新号から毎日お届けします。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン