インテリア特集/2019年7月号

うちのリビングにぴったりな「シンボルツリー」の探し方

家のシンボルとなるような大きな植物はみんなの憧れ。
「でも、うちには広い庭もスペースもなくて・・・」という人も大丈夫!
リビングにひとつ大きなグリーンを置くだけで、部屋ががらりとおしゃれになって、癒し効果も抜群です!

LEE7月号では、暮らし上手さんの素敵なシンボルツリーから、お世話の方法や、はじめての人にもおすすめの品種までを徹底取材!
一目惚れだったり、育てやすさだったり、選び方はそれぞれ。シンボルツリー選びの参考にして。

暮らし上手なあの人のシンボルツリー01
凛々しい佇まいが印象的 男前なインテリアのシンボルに

「LIFE」オーナーシェフ 相場正一郎さん
渋谷、代々木公園にある人気イタリアンレストラン「LIFE」をはじめ、全国に4 店舗を運営するオーナーシェフ。著書『30日のパスタ』(mille books)

「このゴムの木、生命力がすごいんですよ。最初は20㎝くらいの小さいサイズで、お店に置いていたんですけど、植木鉢の底を突きやぶって根を出して用水路にベタッと張り付いちゃっていて……。もうダメかなと思って自宅に連れてきて植え替えたら、また元気になってきたんです」

まるで子犬でも拾ってきたかのように、うれしそうに語ってくれた相場さん。その後も、鉢の底から根が突き出てくるほど元気いっぱいなのだそう。
少し元気がなくなってきたなぁと思ったら、大きいサイズの鉢に植え替えたりとまだまだ成長は続いている。

「リビングでの置き場所は特に決めていません。気分によって移動していますね。時々ベランダに出して水をたっぷりあげたり、日光浴させたりすることもあります」

ツヤのある肉厚な楕円形の葉、太めの幹、生命力に満ちあふれたゴムの木は、男前なインテリアにぴったり。

水やりはヴィンテージのホーローポットを愛用
オランダ製のホーローポット。富ヶ谷にあるヴィンテージインテリアショップ、クスクス・ファニチャーで錆びてしまったからといただいたもの。室内の水やり用に活躍中。

インテリア特集/2019年7月号

  • 第1回 うちのリビングにぴったりな「シンボルツリー」の探し方

この記事へのコメント (0)

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

今日のLEE 最新記事

今日のLEEをもっと見る

Writer Profile

今日のLEE

Today's LEE

ファッション、ビューティ、ライフスタイル、料理、インテリア…すぐに役立つ人気コンテンツを、雑誌LEEの最新号から毎日お届けします。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン